カーネギーデリ
朝食は旅の楽しみの大きな割合を占める。
日本にいるとき以上の好奇心からアドレナリンが放出し
どのくらいの距離を歩いているかと自分に問いたいくらい夜には足が
パンパンな状態 朝6時に目覚ましをセッティングし、まずはお目当てのデリへ向かうことにした。
カーネギーホールと同じミッドタウンの7番街にあるそのデリはホテルから徒歩10分程度だった。
カーネギーデリは19世紀末に開業したNYの台所といった趣き 
店内一面には有名人の写真が壁一面に飾られている。ブロードウェイやカーネーギーホールに
出演したスターたちがこぞってこのデリで朝食に訪れたであろう店内は僕がイメージした
往年のアメリカの風景そのものであった。
さっそくメニューを眺めながらなんにしょうかと悩んだ結果 オニオンスクランブルエッグと
トマトジュースを頼んだはずなのだがフレッシュオレンジジュースが運ばれて来た。
とくにこだわりはなかったのでフレッシュオレンジジュースを頂くことにした。
スクランブルエッグは大量のポテトそしてトースト2枚 ジュースを入れて、
14ドルほどしたので決して安くは何のだが、それにしても朝から食べる量には多すぎる。
期待がおおきすぎたのか、味の方も正直大したことはない。
でもなんだかリアルアメリカを体感した気になってひとりでにっこり。

いい気分でお店を後にしようとレジで勘定をしたあとに僕に食事を持って来た
ウェイトレスがチップをよこせと手を出している。
正直戸惑った僕はその場で1ドル札を払ったのだけど、よくよく考えると
チップってサービスに対しての対価だと思う。
そう考えると自分が良いと思わないサービスにはチップを払う必要はないはずだ。

それとも国の文化が違えばサービスでも払うものなのだろうか?
気分直しに近くのカフェでコーヒーでも飲む事にした。

帰りの飛行機では発覚したのだが、皮肉にも ウディ アレンの映画 
ブロードウェイのダニーローズの舞台になったデリだとわかり少し複雑な気分になった。


d0054850_0535490.jpg









d0054850_0542058.jpg





















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2010-03-08 00:49 | life
<< MOMA 僕が旅にでる理由 >>


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧