はしもとさんの器
大好きな作家 はしもとさんの展示会が芦屋のクウであっていたことに気づく。
展示会は終了したが現在は左藤玲朗さんの展示会が開催中だったので
久しぶりに芦屋まで出向く。
詩音のおかげかオーナーさんからはすっかり覚えて頂いた様子で
客の立場からすると嬉しいし、お店との距離感が近くなったような気がして
リラックスして器を見る事ができる。
同じサービス業の立場としてはすごく勉強になる立ち振る舞いだ。

そして展示会直後だけあり、はしもとさんの器が数多くディスプレイされている。
はしもとさんの器を一言で表現するならば、普段つかいのルーシーリーといった
趣きで、なにより手に入れやすい価格帯 そしてフォルムが本当に美しい。
今まで海外のものが良いと自分なりの評価がこの数年で国内の作家ものに
目が向いて来た。
やはり日本人としての潜在的なアイデンティティもあると思うが、
90年代当時いわゆる渋谷系とカテゴライズされた小山田くんや
小西さんなど過去の音源からの拝借で新しい価値観を見いだした。
それは当時ドイツやオランダ イタリアなど同時多発状態だった。
今の僕ら世代の作家さんはいい意味で90年代のDJと同じリミックス感覚を
持ち得て新しいプロダクトが生まれてきているような気がする。
そして遠くない将来 国内外問わずそんな作家さんたちの作品を
広く紹介したいと思っている。

d0054850_20513193.jpg

















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-06-26 21:03 | life
<< 一番熱い街 小山登美夫さんの本 >>


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧