art&crafts展へ
楽しみにしていた京都国立近代美術館での
「生活と芸術ーアーツ&クラフツ展」の為、
久しぶりに京都に行く事にした。
京都までの道のり梅田までバスで15分 ¥200
阪急で特急40分 ¥390 約1時間の道のりである。
途中 東西線なる地下鉄に乗り換え近代美術館がある
東山で下車。
歩く事5分なのだが、天気も良く大阪と違い建物が低い為、
空が近い 久しぶりに京都はそんな印象だった。
さて肝心の展示内容ですが、ロンドンのV&Aとの共同企画
ですから悪いわけがありません。
アーツ&クラフツのルーツからウィ−ン工房そして民藝運動を
日本でのアーツ&クラフツ運動と位置づけ三国荘も一部再現し
日本人が観る視点もうまく取り入れている。
そしてご当地ならではか河井寛次郎の焼き物が多く展示されていたのが
印象的であった。

アーツ&クラフツは19世紀後半のイギリスで興り現代の暮らしに
大きな影響を与えたデザイン運動でした。
産業化 工業化が進む時代背景のもと、失われた手仕事の良さを見直し
自然や伝統に美を発見することでした。
デザイナーであり思想家 詩人であったウィリアム モリスが
「役にたたないもの 美しいと思わないものものを 家においてはならない」
との言葉を残している。
物は機能的でなくてはならなかったのか。
美しいもとは人それぞれの価値観 役に立たなくても置いているだけで
機能になる ぼくの思考はそうなのだが
モリスの言葉の意味は簡単そうだが、実はそこに見えない意味があるようだ。

d0054850_23332184.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-09-24 23:33 | life
<< メロヒールO! SLOWLY うまいパン屋 >>


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧