<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ダーラ 3周年パーティ
今日 夕方 7時からブルーノートあらため SOUL BIRDにて
ダーラヘストカフェの3周年パーティ。
橋口くんからDJ頼まれたので参加します。
久しぶりにエッタンと そして何年ぶりでしょう野見山くん
とのDJ 楽しみです。
ライブはFLEX LIFE,INDIGO JAM,PORCOの3バンド。
朝から雨が気になりますがたくさんの人に来ていただきたいものです。
ダーラヘストカフェ 3周年おめでとう。
text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2006-11-27 10:46 | life
fukuoka and my doughter
買おう買おうと思ってやっとかったホンマ タカシの
tokyo and my daoughter

1998年「TOKYO SUBURBIA 東京郊外」で木村伊兵衛賞を受賞した。
つい最近の感覚であるが、今からもう8年前の話。
あれから日本での写真の認識が変わったような気がする
少なくとも僕自身はそうである。
身じかであるが、今やあるオークションでは一般人には手が届かない
代物にもなっている写真=現代アート。
ホンマ タカシの写真は何気ない日常の被写体を僕たちにも
わかりやすく しかもすごく引きつける要素があり何故か魅了させられる。
当時すごく インスパイヤーされたロンドン発信の雑誌 I-Dにも
写真を提供したり 僕がフィバリットする写真家ティルマンスとも
交流があったりと今やほんと有名であるがずっと追いかけている写真家のひとりでもある。

娘の熱もひとまず下がりとりあえずひと安心。
ただまだ最終的な検査結果が出ていないためまだ気が抜けないのであるが

fukuoka and my daoughter
写真を仕事ととしていくと決めてとりあえずいったん休憩した我が妻
これから娘の写真と福岡の街 いつか一冊の本にしたい。




d0054850_23452565.jpg

























text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2006-11-25 23:48 | life
心配である。
今日 娘が緊急入院した。
今のところ原因不明
4日前から38度5分以上の高熱が続き近くの小児科に2度ほど
行ったが効果が見られないため。
救急病院経由でこども病院へ。
明日で生後3ヶ月  いつかなんらかの形で病院にお世話になると
思っていたがまさかこんなに早くくるとは
こんな時本当に自分の力のなさを感じる。
何かしたくても何もできない。
娘の手を握って無事を祈ることと 妻に不安を抱かせないことぐらいである。

とにかく早く原因がわかり完治してほしい。
そう願うだけである。

text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2006-11-23 23:10 | life
FRITZ HANSEN
久しぶりにフリッツ ハンセン の砂原氏と晩飯。
非常に有意義であった。
元うちの会社の関西コントラクトの代表であった氏は現在
フリッツ ハンセンでバリバリ働く尊敬できる人物。
僕より一回り違うけど、話している内容 ファッションセンス
本当にリスペクトする。

ブランディングの話や日本人が持っているアイデンティティのこと
ヨーロッパの文化には負けない日本人の本質  日頃なかなか話すことがない
ことを久しぶりに聞いた。そして語った夜だった。

つい先日までデンマーク ルイジアナ美術館で行われていた
僕が最も敬愛するデザイナーであるケアホルム展の話はなかなか
興味深く あの佐藤 可士和氏がとある雑誌で特集したデンマーク紀行
もアテンドし同行したという。
個人的に佐藤 可士和氏にはあまり興味ないが、同じケアホルムを
敬愛するもの同士としては共感がもてる。

ますますフリッツ ハンセンに惹かれる。
デンマークの長くて短い インテリアデザイン  著名なデザイナー
が腕が良い職人とくんで プロダクトを発表していた50年代〜60年代
の時代と明らかに違う。
時代はボーダレスに変化している。現在のデンマーク的と呼ばれるデザインは
はたしてどんなものなのか  僕自身即答できない。
しかし だからこそすべてのデザイナーにチャンスがあるのではないだろうか。
僕のまわりのデザイナーにも大きなチャンスはあるのだ。
そんなことを考えた夜だった。

text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2006-11-18 01:01 | life
ingegerd roman
今月号のmarie claire maison にちょっとひっかかる。
毎月購入している訳ではないが、
そのときの気分に次第で。
UK ELLE DECO INTERNI WALL PAPER DOMUSなどの
ハイカルチャー系のインテリア雑誌と違い パリぽいというか
どこか土臭い感はあるが、それが本当にリアルでインテリジェンス
あふれる空気感がある稀なインテリア誌であると思う。
大好きな洋雑誌の1冊でもある。

そしていつものようにぱらぱらと眺める。
気になるお宅が とてもセンスが良い。
どんな方が住んでいるかというとなんと
僕が好きなスウェーデンのガラス 陶器の作家として有名なインゲヤード ローマンではないか。
彼女は1943年生まれ  今年でなんと63歳 その凛としたたたずまいは
うちの母親よりも年齢がうえであるとは到底思えない。
イタリアで陶器を学んだ経歴を持つ彼女は現在オレフォス社から
作品を発表している。
僕自身彼女の作品は1つも持っていないが、いつか手に入れたい
1つず集めて行きたいと思っている。
そんな彼女のhome もしかしたらサマーハウスかもしえないhome。
まったくの予備知識がない状態で開いたマリクレール メゾン
気になったhomeが 気に入っている作家のhomeだったなんて
そんなちょっとした驚きが 日常の楽しみだったりする。


d0054850_23384082.jpg















奥に見えるリンゴの形をしたガラスのオブジェ
インゲボルグ ルーディンの作品。
手が届く値段ではないがいつか手に入れたい。


d0054850_2339961.jpg













text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2006-11-15 23:42 | life
陶化へ
車を借り宇美八幡へ 
昨日選曲したCDを聞きながら戌の日のお宮参りのお礼をかね 
お借りしていた石を返しに。
安産を願い石を持ち帰り 無事 元気な子が生まれるとそのお礼に
石に子の名前 誕生日を記する 昔ながらの不可思議な風習であるが
こういう事が大事な気がする昨今である。

先日購入したハードディスクムービーを片手に娘を映す。
映像 楽しい  これから活用しそうな予感が。
子供の出産&成長の記録のツールとして購入したが、
早く購入していれば良かったとも思う。
そして 村山くんの店 陶化へ向かう。
今まで人の運転でしか行ったことがなく無事たどりつける
か不安であったが意外にもあっさり。
はなちゃんにも偶然でびっくり なんだかちょっとやせた?
その調子で元気な子を産んでくれ!

村山くんとも約10年来 ほんと変わらんね。

ご飯もうまいし ロケーションもいいし  今度は運転なしで
ゆっくり昼間から酒でも飲みたいなー。

d0054850_2227578.jpg













text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2006-11-14 22:29 | life
おめでとう&ありがとう
ダーラヘストカフェの橋口くんがうちに出張カフェにやってきたわけでは
ないのですが、コーヒーを注ぐ姿があまりにもかっこ良すぐで思わずBLOGにアップ。
村上レシピのひづるくんにより自家焙煎コーヒー   しかも注ぎ方で違う。
やっぱりプロですね  うまかったです。

そしてめぐみちゃん&橋口くん  出産祝いありがとう  そしておめでとう。
27日はダーラ 3周年パーティ宜しくです。

d0054850_1221267.jpg


























text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2006-11-06 01:30 | life
デザインに触れる その2
最終日は築地くんと彼女である石垣とこちゃんと3人で東京散策。
まずはcollexへなんとニーナ ヨブスに遭遇
スウェーデンではすでにスターデザイナーである彼女。
築地君の取引先でもあるcollexの方から
ニーナを紹介して頂く あくまで僕は後ろで
話を聞くだけなのだが、そしてとこちゃん
昨日の話では英語話せないといってたのに
ペラペラじゃないですか。すごい 英語できる人尊敬してしまう。
なぜか僕までニーナの名刺を頂く そして記念に思わず一目ぼれした
ニーナのクッションを購入。
やはりこんなときに英語しゃべれればと思うが・・・
いつまでたってもこんな調子じゃだめだなー。
PK22にあわせたニーナのクッション いい感じです。

d0054850_22533060.jpg



























そしてどうしても行ってみたかった中目黒にある燕子花へ
伝統工芸品と新しいものを融合し独自の世界観を表現。
オーナーはなんと女優のT・Yさんらしい。
最近の彼女の動向を見ると納得。
以前の芸能人のお店というと売上思考が高くしょうもない
お店しかないイメージがあったが、やっと海外の女優さんのように
アカデミックでセンスがある人が増えつつあるのかな。
オランダはアイントフォーヘン デザインアカデミーを卒業した
若手デザイナーの作品 写真は樹齢500年のヒマラヤ杉から作られた作品。
すごい これがあるだけでSHOPの価値・クオリティがまるで違う。
そして別館ではクリスティン メンデルツマのBLACK SHEEPコレクションを堪能。
若干26歳の彼女 すごいコンセプチャルであるが、話を聞くと解りやすい表現愛着がもてる。
ドローグ以降のオランダデザイナー正直ほんとに目が離せない。
インテリアというよりも現代アート 作品によっては今後すごい値段になりそうな予感。


d0054850_2324827.jpg




























飛行機の時間ぎりぎりであったが築地君のもとに届いたインヴィテーション
art and artclesof livingと題した恵比寿のSHOP SIGNのレセプションへ。
プルーヴェ・ぺリアン・コルビジェ・ムイユにのオリジナルを約50点に渡り展示
パリのあるギャラリーでみるよりも遥かに多い
しかも単純にどうですレアですよというような雰囲気は全くなく 同時代に作られた
アノニマスデザインを組み合わせたデコレーションがすごくよかった。
時間の都合上 ゆっくり堪能できなかったことが残念である。
新しいデザインを否定するわけではないが、個人的にはこの年代の作品が好きである。

d0054850_2364689.jpgd0054850_237989.jpg











































そして最後はお世話になった築地くんのお店 ビオトープ 久しぶりに来たら
すごい在庫量 日本でこれだけ北欧物の器たちが充実しているお店はそうないでしょう。
あらためて やっぱいいもの置いてますね。


今回の東京最終日 お世話になっている築地くん 彼女であるとこちゃん
ありがとう。
いつも以上にお世話になった東京。いやー楽しかった。

d0054850_2393910.jpg













text by tetuo izumi
[PR]
by trouville | 2006-11-04 23:15 | life
デザインに触れる その1
東京での3日間 100%デザインやデザインタイドというイベント目白押し
でデザイン三昧の3日間であった。
昨年初めてロンドンから日本に上陸した100%デザイン
ミラノサローネやケルンメッセなど世界の大規模なファニチャートレードショー
にはない斬新で次世代のデザイナーが誕生するそんなイベントであった
はずであるが、今年の100%デザイン東京はビッグサイトで行われる
見本市となにも変わらず正直かなり収穫なし。 がっかりであった。
いっぽうデザインタイドは友人の青木くんが実行委員長を務めているから
よいしょするわけではないが、デザインを広げていくという意味においては
遥かに意味があるイベントであるのではないか。

デザインタイドの招待デザイナーにも選ばれ、ミラノから8月末に凱旋帰国
したひらこそくんも かなり注目されているようでうれしく思います。
出産祝いで頂いた人形かなり重宝しています。サンキューです。
丁度ひらこそくんを取材されていた編集の方はうちのカタログを
制作されている方となんとも狭いなこの業界。


d0054850_2281391.jpg















で青山のギャラリーESでは、有吉君や野見山くん 西村君 坂下くんなどの
福岡おなじみメンバーのもとへ。
かなりいい感じに展示 みんなに話を聞くと雑誌の取材や海外からの
引き合いなどの話などもあり反応がよいようで安心。
やっぱり福岡と東京 住むには福岡でもビジネスでは東京なのかと
あらためて感じた瞬間でもあった。
d0054850_22354721.jpg















そしてスウェーデンのデザインユニット フロントのパフォーマンスへ。
会場はごった煮状態。
スケッチファニチャーと題したインスタレーション なんとあの深澤さんも
参加かなりタイミングよくて得した感じであった
d0054850_2240945.jpg






















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2006-11-04 22:41 | life


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧