<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
遅いゴールデンウィーク
待ちに待った3連休 ゴールデンウィークの振替休日ということで
前々から武末さんともちゃん夫妻とともに計画をしていた倉敷旅行へ行く。
なんと倉敷の美術館全て月曜日休日と
いうことで急遽初日は香川県 直島へ
その直島も地中美術館 家プロジェクトは OFFであったが
ベネッセハウスだけはかろうじてオープンしているというととで
岡山駅で落ちあい2ヶ月ぶりの再会を果たす。
個人的には10年ぶりに訪れる直島  当時はベネッセハウスのみしかなく
いつのまにか様々なプロジェクトが遂行し注目の島へ変貌している。
岡山から乗り換え1時間そしてフェリーで20分 
爽快な景色を見ながら武末さんとさっそく昼間からワインをラッパ飲み
天気も良くそうとう気持ち良い。
d0054850_2149315.jpg















ベネッセハウスのカフェから眺める瀬戸内海 絶景です。
仕事の疲れを癒してくれます。
右上に小さく見える建物が地中美術館  まるでゴダールの軽蔑にでてくる
イタリア カプリ島にあるマラパルテ邸ではないかと武末さんと話す。
日本の地中海? でもある瀬戸内海  ほんとうにきれい。
d0054850_21594666.jpg















安藤建築の中にジャスパージョーンズやホックニー ウォーホール  バスキアにタレルなどなど
現代アートの巨匠の作品がある中で10年前に来た時から変わらず存在感を醸し出す
ブルース ナウマンの100生きて死ぬ ひとつひとつメッセージが点滅し全体のメッセージ
が光る瞬間 なんだか分かりませんがすごくメッセージ性が伝わり10年前と同じ感覚に陥る。
d0054850_2254996.jpg















倉敷の宿泊先 アイビースクエアーへ棟方志功の作品がある倉敷国際ホテルへ宿泊したい所であったが予算の関係上 アイビースクエアーへ対して期待していなかっただけに
びっくり 日頃出張で宿泊するホテルよりも断然良い。
ベルトイアーやジョージ ナカシマの椅子まで良い感じで出迎えてくれる。
これで2名で1泊¥6,980 1人あたりなんと¥3,500激安です。
d0054850_22131565.jpg















そして夜 今回の旅でもっとも楽しみだった飯&飲み ホテルの近くの居酒屋へ
久しぶりの刺身に郷土料理を食す 味付けも上品でなかなかうまい
やっぱり飲みながら武末節を聞く そして語る 福岡にいたころは当たり前に
なっていたが今となっては貴重 夜もホテルのロビーで色々と語る。
僕自身今の自分のビジョンが明確でなく 自信をもってこれだというものが
はっきりしていない 自分自身もどかしい そしてこんな僕に可能性を感じてくれてる
武末さん ともちゃんにいつか恩返しをしたいと本当に思った濃くて短い夜。

d0054850_22221875.jpg















そして翌日 倉敷を堪能 先日訪れた飛騨の雰囲気に近い 外人さんやご年配の方々が多く
観光地にきたなーという感じ。
大原美術館に倉敷民芸館 改めて大原美術館のすごさに驚く そして今回初めて知った
大原美術館の陰の立役者である今で言うバイヤーの児島虎次郎の存在がなければ
ここまでの名作はそろわなかっただろうし日本の美術館のエポックメイキングに
なりなかっただろう。

d0054850_22283911.jpg















民芸館内で寝返りし放題のうちの娘 最近ほんと寝返りしほうだい
その寝返りが柔らかいんです。
d0054850_22304061.jpg















今回の旅で悩んで購入した古伊万里の器  江戸後期のものであり蛸唐草模様
は花唐草と並び人気の 染め付けで現在も人気がある。
昔はどこの実家にもあるような器で全く興味がなかったが
歳をとるにつれ和物にも興味が増す いわゆる初期伊万里といわれる本当に高価で
希少価値があるものではないが安からず高からずのこの器からゆっくり古伊万里
勉強しようと思う。
d0054850_2237683.jpg















楽しみだった1泊2日の旅もあっという間の出来事。
なんで楽しいことは時間が経つのが早いのだろう。
タケさん ともちゃん 次はどこ行きましょうか?




text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-05-30 22:53 | life
試写会
お誘いを頂きドキュメンタリー映画である
スケッチ オブ フランクゲーリー試写会へ神戸まで出向く。
会場は日本で唯一のゲーリー建築フィッシュダンスにて。
ゲーリーの作品集にも掲載されてはいないが、この建築物ができたのが
1987年というから今から20年前 ゲーリーがプリッカー賞をとる2年前である。
正直個人的にフランク ゲーリーは好きではない どちらかというと嫌いである。
何故かというと彼の建築物が建築家のエゴでしかありえない建物にしか
思えていたからであえる。
しかしこの映画を観てゲーリーの印象が随意変わった。
アールトの講義を聴いていなければゲーリーは建築の道をあるんでいなかったし、
なによりゲーリー本人の人間性がすばらしい。
どのようにして彼の建築が出来上がるかの過程が観れやっと理解できた気がする。
d0054850_23375345.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-05-25 23:38 | life
好きな写真
数多くではないが、気に入った写真集があれば購入するようにしている。
ちょっと前に購入した MATTHEW MONTEITHのCZECH EDEN。
個人的にランドスケープな写真に興味をそそられる。
その写真集の1番好きなカット
たまにペラペラとページをめくる それだけの楽しみがとても贅沢
写真集のページをめくる感覚
初めて買ったレコードに針を落とす瞬間に近い
僕の中では同等の楽しみである。
d0054850_0491467.jpg













text tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-05-24 00:49 | life
突然の訪問
dieciの田丸さん夫妻が偶然かわざわざかお店に訪ねてくれる。
大阪に来てなかなかプライベートでの交流がない僕にとって
こういう事が一番うれしい。
田丸さん宅へ遊びに行くお誘いをうける。
話の流れでそうなったのかもしれないが、勘違いして
お邪魔しようと思う(笑)
人の出会いって 人と人とを介してであって行く偶然のようで必然であるような気もする。

text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-05-22 23:42 | life
旅立ち
久しぶりに友人のBLOGを拝見する。
彼は僕とは同じ歳ではある 若かりし頃はDJでそして様々なバンドを
掛け持ち 福岡を代表するバンド スカロケッツの中核でもあり、
スチィールパン奏者でもある
そしてフォトグラファーでもありとにかくマルチであり
同じ歳ということからか僕の中でどこかしら気になる存在であった。
une petite maisonでゲストDJやリブレットのイベントでニュートリノなどでも
参加してもらい、僕が福岡を離れる際にもイナマスくん経由で以前撮った
写真から加工しVJまでやってくれた。

2ヶ月間更新されてなかったのでなんだか変だなとは思っていたら
東京に転勤になっていた。
前々からそういう話はしていたがとうとうでしたね。
彼とは二人で飲んだ事もなくそんなに親しいとは言い切れないが
僕の中で常に気になる存在であり、ライバル意識があった(へんですが)

東京での生活も彼らしいスタンスで頑張ってほしいものです。
いつかゆっくり飲みたいなー。
http://www.fenderrhodes.net/



text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-05-19 23:50 | life
近場で過ごす
靭公園近くの本屋さん柳々堂へ行く
自宅から約15分 散歩コースにちょうど良い
一見街のしがない本屋さんにしか見えないのだが狭い店内に
入るとかなり専門的な建築本で埋め尽くされており
大きな本屋でも見る事が出来ないような海外の雑誌もある。
お店のおばちゃんにあれこれ質問などしながら
購入する。こんなたわいもないやり取りで本を購入するという行為
がおもしろい。毎号買ってるPLUS EIGHTY ONEが西海岸特集であり
僕が好きなジェフ マクフェトリッジなどが特集されておりあいかわず
良い内容。
d0054850_23443238.jpg















そして明日からまたハードワークということで
近くの焼肉屋へ
徒歩2分 横断歩道を渡った交差点の四つ角にある
こんな立地にあるのかよーと いつも気になっていたが
勇気を出して
リーズナブルで味もいけました。
食べる順番や焼きのルールなどがあるらしく
見た目のイメージと違い意外にもこだわりがある。
目の前をバスや会社帰りの人が通る しかも阪神高速の真下。
なんかくせになりそうな感じです。
d0054850_23481723.jpg













text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-05-15 23:50 | life
strobe
strobe今日がラストですね。
お疲れさまでした。
そしてまさとう ロンドン頑張って(ちょっと先ですが)
何かを見つけてきてください。もう一度必ずあいましょう。
storobeは刺激的且つ今感を味わえる福岡で数少ないイベントであったので
残念です(じゃー来いよ (笑))と言われそうですが。
しかも今回 仲さん 福岡かなり久しぶりです。
ほんと何年ぶりでしょうか。
当時 エスカレーターの仲さん チャーベくんが来るだけで
えらい騒ぎになっていた事も
今となっては懐かしいですが 今の仲さんの体感したかったなー
d0054850_1747292.jpg





























そしてFEISTの新譜はやはり最高でした LP発売まで待っててよかったよー
そしてjusticeのD.A.N.C.Eやられました 12インチかなり久しぶりに購入。
たぶんこの2枚今日かかってるじゃないのかな
d0054850_17524731.jpg













text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-05-12 17:57 | life
となりの部屋
先日やっと収納を組み立て終えた。
やはり2台目となると1台目より要領を得たのか
幾分早く組み立て終わる。
すべてのレコードや本を持って来た訳ではないが壁一面埋まった。
聞くレコードや見る本なんて正直ほとんど同じ物だったりするのだけど
やはり自分が愛着をもって購入した物達が近くにあるというだけで
安心感が湧くのである。

d0054850_0121379.jpg













text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-05-10 00:15 | life
ゴールデンウィーク
僕にとってゴールデンウィークはまったくもって関係なく
毎年お盆や正月 そしてゴールデンウィークという響きがしっくりこない 。
人が休んでいる時に働くことはもちろん慣れてはいるのではあるが、
たまにはゆっくり人と同じ休みをとり友人達と過ごしたいと切に願う
このごろである。
そしてゴールデンウィークを利用し友人夫妻が大阪へ。
ごめん やっぱり1日休日をとることが精一杯でした。
大したおもてなしも出来ず というか やはり心を許せてします友人だけに
あいかわらず僕の気まぐれ わがまま久しぶりに出したかと思うと
2日ともにしたあとはちょっと寂しくなりました。
ゴールデンウィークの神戸は本当に人が多くゆっくりできず
楽しめたでしょうか。
みんなで食べたPAPPAのジェラートが特に美味しかったのが印象的でした。
また 懲りずに遊びにきてくださいね。とりとり&さなちゃん
詩音もほんと喜んでましたよ。
黒ごま  バナナチョコ ピスタチオ バニラ 特にピスタチオ美味!
d0054850_0414816.jpg















そして田中君  都合があわずごめん 今度大阪来る際は必ず事前に
連絡ください。ばっちり予定空けときます。



text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-05-07 00:45 | life
美術館
徒歩15分圏内にある国立国際美術館へ
行ってみることにした。
理由は僕が好きな杉本博司氏による新所蔵作品展がはじまっていたからである。
杉本氏の作品は展覧会本やアーティストブックのみで生杉本はお初である。
何も考えず美術館を訪れると閉館30分前 ラストオーダーならぬ
ぎりぎりに入場した次第であった。
残念ながら日本の美術館はほぼ写真禁止 もちろんここもそうであったため
写真には収められなかったがさすが杉本氏が会場構成にも参画しただけあり、
すごい 言葉にするとチープであるが、アートを照らすライティングから
なぜこの写真なのかと純粋に考えさせられたし、久しぶりに身震いがした。
古美 骨董においても追随を許さない杉本氏 体感できて幸せであった。

そして杉本氏のサイン入りポスターを購入。
30部限定と聞くと買わざるをえない気質の自分の性格はやはり
変わるものではない。

ティルマンスやベッヒャー夫妻  ジュリアンオピー にトーマスルフなど
現代アートにおいて重要な作家の作品も数多く所蔵されており 
これから散歩の際、必ず寄りそうな予感 だって入場料420円ですよ。


d0054850_1151213.jpgd0054850_1154846.jpg





























text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-05-02 01:17 | life


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧