<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
39°
アルゼンチンとチリの大体南緯40度から南の地域が
パタゴニアと呼ばれているらしい。
広大な自然があふれるパタゴニア出身のアーティスト リサンドロ アリスティームニョ。
僕が好きなウルグアイのアーティスト ホルヘ ドレクスレルの後継者と評される彼の3作品目。
アルゼンチンのフォルクローレ 
数年前 フアナ モリーナが日本の一部の音楽好きの間から絶賛を浴びる。
39°と題された今回のアルバム   
高熱でうなされる幻覚 幻聴の中での浮遊感。
ほどとくトリップできるかのような浮遊感  メロディーも含め気持ちよい。
アートワークもさるとこながら、彼の世界に引き込まれる。
焼酎飲みながら タバコをふかし 音に耳を傾ける
この季節の風物詩である蝉の鳴き声は聞こえないが 
阪神高速からもれる騒音の間にひとときの幸せであふれる音楽が流れ出す。

d0054850_0162775.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-07-30 00:20 | life
お見舞い
お見舞いといっても何がよいのか
おいしいデザート 今の状態であれば食べられないだろう。
やっぱりこういう時は本だろうと。
好きな文庫本は無視して読みやすそうな本を購入しよう。
松浦弥太郎さんが編集長になった暮らしの手帖は今回で4号目を初めて購入する。
僕の中で日本で最もセンスが良いと思う一人であり 
あこがれの対象である土器さんをはじめルーシーリーの特集
(長尾さんのスタイリングよかったーそして土田さんの文章いつも分かりやすく読みやすい)
やアルマ アレンなどほんと僕のつぼをつく編集号である。
かわらないようでかわった暮らしの手帖 今の空気感を確実につかんでます。
そしてもう1冊 伊藤まさこさんの東京てくてくすたこら散歩 
伊藤さんの著者本は初めて買ったのですが、何も考えたくないときにちょうど良く 
東京にすみたくなるような適度な温度が流れている。
いつも購入する本とは趣向を変えてお見舞いに  さてどういう感想であろうか?

そして母のいない詩音は今日も大泣きです。

d0054850_22523062.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-07-28 23:00 | life
家族
ご連絡頂いた多くの友人達に感謝します。
ありがとうございます。
病名は俗にいう盲腸(虫垂炎)でした。
普通に便秘でのお腹がいたいかと思いきや
尋常ではないため、緊急病院へ そして救急車で別の病院へ。
最初 胃に穴があいてるかもと思い僕と詩音は心配。
検査の結果 盲腸そして昨日手術し今は安静にしています。
転勤先の大阪 頼れる人(友人)がいない。
これほど不安で寂しい事はありません。
急遽 無理をいい長崎から僕の母が出てきています。
詩音はというと昨日で11ヶ月になりましたが、
母乳オンリー ほぼ離乳食も食べさません。
泣く 喚く 寝ない  せっかく田舎からでて来てくれている母も
てんぱっている。もちろん僕もそう
でもここで僕がへばる訳にはいかない。
あらためて母の偉大さ 柿本さんの大切さがわかりました。
家族一人抜けても家族はなりたたない。
ましてや母親がいないと子供はわかるみたいです。
自分でいうのもなんなのですが、詩音はかしこい子だ。
人の話を理解しているかどうかはわからないが 絶対察している。
そしてさっき1日なにも口にしていなかった詩音でしたが
母乳をもらい幸せそうな顔で寝ています。
明日からは僕も仕事に出る為、母は大変だろうが、詩音と仲良く
数日間を楽しんでもらいたい。
丸2日ほど寝てない 今日もたぶん夜中起きるだろうが柿本さんに
心配かけないよう面倒観よう。

心配かけるようなコメントですいませんでした。
ただ 友人達に伝えたくて。

text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-07-25 21:51 | life
突然の出来ごと
カッキーが入院しました。
心配です。

izumi
[PR]
by trouville | 2007-07-24 07:31 | life
ART IN DOJIMA
今回で5回目となるART IN CASOが会場を堂島ホテルへ移し行われた。
大阪 東京 韓国 京都 名古屋 四国の26のギャラリー参加し、
8階 9階のフロア客室がアートで埋め尽くされていた。
堂島ホテルといえばgrafがインテリアを担当しオーセンティックモダンをテーマに
リニューアルしたことでも有名である。
意外にもすごい人 人 でなかなか一つの部屋をゆっくり堪能する事が出来ない。
といっても僕の感覚にひっかかるアートはほとんどなく26ギャラリーの内2件のみと
少々がっかりしかも入場料¥1000 とちと高い  ¥500が適正プライスかな。
ただし、こういう形でのアートフェスティバル的な提案は新鮮でおもしろい 
実際お客さんもはいっているし。
昨今みじかになったアート  商業ベースに乗せるのはコアな客層はもちろん
マスのニーズをどれだけ広げられるかも重要。
そういう意味では堂島ホテルという大阪のデザインホテルで行った事で
間口が広がりアート購入者予備軍候補を底上げできたことに今回の意味があったと思う。

そして気になったギャラリーの1件はジョナス メカスやジャック スタージスなどの
作家を取り扱う東京のとあるギャラリー。 
そしてもう一つのギャラリーにひっかかるものが
勝又邦彦という写真家の作品  全く知らなかった作家さんですが、
今後の出版物などもでてくるような気がするし、動きに注目したいと思う作品との
出会いでした。
ただし、がまんがまん もう少し手が出せる値段であればまたいつものくせが。
 

d0054850_1837584.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-07-23 18:40 | life
おみやげ
おみやげはうれしいものである。
なんといってもその人が自分の為に買ってくれるという行為がうれしい。
スタッフが金沢に小旅行僕があまりにうらやましがってたら
金沢21世紀美術館でお土産を買ってきてくれていた。
渡し忘れで残念ながら賞味期限切れのふやきせんぺいであったが
詩音の遊び道具となって丁度よかったのかも。
今年中には金沢小旅行行きたいです。

そして久しぶりにdieciに顔を出す。
そしてフィンランドみやげを頂戴する。
気を使ってもらってすみません&ありがとうございます。

いつも丁寧な田丸さん 僕も見習わないといけないです。
そして詩音の魔の手が  何でも遊び道具に変えてしまう(笑)

田丸さんとの8月自宅訪問&飯 楽しみです。

d0054850_0302968.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-07-20 00:33 | life
コーヒーでも飲みながら
久しぶりにブックレヴューでも
フィンランド政府観光局が発行元のTORIの5号が発売された。
MODERN DESIGN FROM FINLANDと題された本雑誌は
今までの号とは違いかなりマニア化した内容になっている。
とはいえ北欧のデザインが好きな僕にはもってこいの内容である
が、これは女子ではなく確実に男子な雑誌である 
次号のTORIはどうくるのか  ちょっと楽しみである。

そしてちょっと前に購入した コーヒーテーブル ブックス
著者は京都の恵文社の店長 堀部くん
君付けし大変恐縮であるが、trouvilleをやってきた僕にとっては
場所は違えどいち時代の同士的感がある。かってに思っているだけですが(笑)
何故か縁がなくお会いしたことはないのだが、かなり以前から気になる存在であり、
彼の感性にどこか親近感を感じてしまう。
そんな彼の初著作本である本作は本に対する愛情と深い知識がつまった
おもしろい本である。
どんな本とあえて表現するならば、何度も繰り返し読みたくなる そんな本である。
そういえば関西に来てまだ恵文社行ってない。
近いうち行ってみよう!
d0054850_2362718.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-07-20 00:20 | life
出張
出張で九州は大川へ
年に4度ある家具の展示会へ
大川といえば日本でも有数な家具の産地である
以前は400社ほど存在した家具メーカーも現在は250社ほど。
ほとんど宝探し状態といっていいほど 山ほどある家具の中にひっかかる
物を見つけるのは困難な技。

以前から気になっていたナガノインテリアのショールームへ
城谷耕生氏がディレクターとなりカスティリオーニのカッチャヴィーテなどを
ライセンス復刻しています。
個人的にはセルジオ アスティのフォールディングチェア ネイビーが
座り心地がよく気に入りました。
まー色々ありますが仕事ネタはこの辺で

d0054850_2155358.jpg















そして2日間の大川を後に半年ぶりに福岡へ
いつのまにかTUTAYAがリニューアル。
d0054850_22124131.jpg















そして福岡時代の唯一の行きつけの寿司屋 おかめ寿司へ
武末さん ともちゃん 野見山君とともに
久しぶりの新鮮なネタ うまかった。
d0054850_22151072.jpgd0054850_22153920.jpg































僕のたっての希望でブルーミングの中にオープンしたバーアントへ向かう。
ここでオーナーの小池さんに髪をカットしてもらってたのが懐かしい。
美容室の中にバーがあるこの価値観 新鮮でよい。
そして窓からはけやき通りのけやきが茂っている。
バーのデザインはあの永井さん つかっている物は主張しなものばかりだが
上品できれいな物ばかり つかってる物で小池さんのセンスみえます。
酔っぱらうと全く別人ですが(笑)
あいかわらず小池さんの美意識たかいですね。
出張疲れか リラックス感からか久しぶりに酔っぱらいました。
武末さん 野見山君 小池さん そしてぼく ともちゃん撮影サンキューです。
やっぱり落ちつくメンバー もの好き 酒好き 僕らの基本ですね。
d0054850_22302299.jpgd0054850_22305453.jpg































宿泊は我が家へといっても現在は弟に住んでもらっている為、
ほとんど他人の家状態。
色々あいたい友人達もいたが今回は時間無いためあえて連絡
せずすみません。
朝からチクロへエッタンへ会い ロンゲでびっくり
そして8/5でお店の期間が終了するTACKへ顔出しに
最後に顔出せてよかった。
開店前にごめんね そしてビールありがとう!
お疲れさまでした。
TACKの3人娘。
d0054850_2244560.jpg















最後は吉塚うなぎでちょっとふんぱつして うな重の上を食す。
ここのうなぎ本当にうまい。
そして大阪へ戻る。
3日ぶりの娘の笑顔を見る。
なんとか風邪もよくなりつつありほっとする。
カッキーもご苦労さんでした。

次は夏休みで福岡帰ります。
その時は会えなかった友人達とも必ず逢おうYO!

text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-07-13 22:55 | life
Adriana Calcanhotto
僕の大好きなブラジルのアーティスト 
アドリアーノ カルカニョット のライブが
今月の25日と26日 恵比寿のリキッドルームで行われる。
しかもモレーノ ドメニコ カシンといったブラジルの
新世代アーティストを代表する3人も一緒である。
前回の来日では小山田くんもいっしょにライブした3人。
ここが東京であれば必ず行く 大阪からでも正直迷ってる
スケジュールから考えてもどうしても不可能である。
うーん残念。 
アドリアーノ カルカニョットのアルバムでも
特にパツチンピン名義のアルバム。
本当に全曲何度聞いても飽きないすばらしいアルバムです。
近郊にお住まいの方は必ず行くべき
ライブであることは間違いありません。
11月のジェーン バーキンにショーン レノン 
大阪にも来る予定なので今から楽しみです。
d0054850_23191371.jpg










text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-07-10 23:24 | life
勝俣?
最近仕事がほんといそがしくほぼシンデレラボーイ状態。
休日はゆっくりすごしたい。そして家族サービスをせねば。
今日はちょっと遅いSALE巡り とはいっても
いいなと思う物はだいたい決まっているので
心斎橋界隈のお店を廻ってもあまりピンとこない。
そんな中で最近お気に入りであるエンジニアードガーメンツが
30%OFFになっているあるお店で今年必ず買うと決めていたハーフパンツを購入する。
気分はプレッピー いやウレッピー  久しぶりの普段着の買い物は
ちょっとテンションあがります。
d0054850_21294950.jpg















そして最近の大ヒットはやきとん 聞けば様々な外食のチェーン店らしいのですが、
正直大阪に来て1番うまいと思った外食。
やきとりならぬやきとんは福岡でも人気があったけど
僕が福岡で好きだった焼鳥屋 八兵衛の味付けにそっくりなのである。
しかも対応が素晴らしい 今日だけで串2本サービス 単純にうれしい。
そして濃ゆからず薄からずでうまい センマイの刺身にレバー串 そしてビール
慌ただしい毎日を過ごしているとこんな事が本当に1番の楽しみだったりするのです。
d0054850_21382866.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-07-06 21:43 | life


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧