<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
東京から
築地君と京都で待ち合わせる。
東京からはるばるとある仕事のため京都へ。
その合間をぬって京都をぶらぶら。
とくにあてもなく 久しぶりにエフィッシュにてお茶をする。
鴨川沿いの開放感あふれるロケーションはやっぱり気持ち良い。
たしかオープンしたての頃に訪れたことがあったのだが
スタッフの方に確認すると8年もたつ。
月日の経つのは本当に早い  あの頃とは違い2階もカフェ&雑貨スペース
にかわっていた。
そしてやっぱりイノダにてコーヒー。

d0054850_22195961.jpg















今回久しぶりに築地君と真剣な話をした。
といっても僕が一方的に質問や相談を持ちかけたのだが
築地君らしくゆっくり落ちついた口調で丁寧に真剣に答えれくれる。
さすがに海外のあちこちの色々なシュップやギャラリーをみているだけあり
説得力がり参考になる。
僕にやれることはなにか  まだ答えは見つからないが前向けに頑張ろう。
そして今回の買い付け&旅先でのおみやげを頂戴する。
南仏のハーブ そしてドイツでのグルチッチのラミーのボールペン うれしい ありがとう。
次は秋  奈良楽しみです。
d0054850_22351184.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-08-30 22:37 | life
子供っていいな〜&ココ最近
d0054850_2122875.jpg

最近はちょっと夏バテ気味なとこなどやいろいろあってボーッとしてたのですが、ここ何日かで一気に発憤!いろいろしましたわー。やっぱ動かないとダメですね。なのでまた動くことにしました! んで「天然コケッコー」見ました。おまけにサントラも買いました。すごく涼しげで、レイハラカミやっぱり好きやわ〜と想いました。映画も最高でした。

そしてこの前は夏企画の夜の水族館にいってきました。夜のマリンワールドは昼間と違い、幻想的な感じがすごくして青い光が水に反射してそれが床に映って、まるで海の中にいるみたいで、すごくすごく気持ちよかったです。百道の光をバックにしたイルカショーも最高!
そしてまだ行ってなかった海中ホテルのLUIGANSにも行って軽く飲んできました。
レセプションは人が多く行くのためらい行きませんでしたが、普段はなんかすごく時間がゆっくり流れる感じで、with the styleとかと違って場所が場所だけにお客さんの数もかなり少なくてのんびり静かにくつろげる感じでした。ホントのんびりできました。しかし最終バスに乗りおくれたのでタクシー帰りで、けっこうな金額いってやっぱり海中は遠いな〜と実感。

さてそしてこの3日間はvari house前の祭り、大浜流灌頂!今年は昨年よりも賑わっててだいぶ知れ渡って来た感もあり、人も多く賑わい、すごく楽しいです。1日目はまさこ氏とすずちゃんとすずちゃんの友達ともとこ氏、さとこちゃんとくりだしました。いきなり焼き鳥6本300円のところ、ウインナーが食べたくて、でもウインナーは1本200円。でもそこは女性陣の色仕掛け攻撃でウインナー3本もあわせて300円にまけてもらいました。超でかい、イカ焼きも2本食べ、チヂミやらお好み焼きやら、かき氷(積みすぎだろっていうくらい盛り上がってました)、焼きそばやらを食べ、その後はウチで涼みつつ飲み会&談笑。

僕はその後、m.y.k.姉さんのcandiにいき、japanのDJがかっこよくてビックリした!んでデカタンでの曽我部さん、ロレッタなどのライブも見て超酔っぱらい帰宅。朝5時くらいに寝て、起きて仕事へ。さすがに体ボロボロでした。

そして大浜流灌頂!2日目!一番盛り上がる日!はなちゃんと松竹さんそして赤ちゃんのりょうくんも来てくれ、すごく赤ちゃんかわいくて抱っこしてたらすごくなんか喋りかけてくれてる感じでウ〜ウ〜言っててニコッと笑って超かわいかった!今度は松竹家でパーティーですね!んでもっていつものメンバーも集まってきて、連日のもとこ氏にまさこ氏にまさこちゃん友達、そして日名子さん家族もきてくれてました!野見山くんにも久々に会えて、なんかやっぱりこの祭りいいなと想いました。最後は歩いていると、ハイお兄ちゃんビールあげる!っておじちゃんがくれ、まさこ氏たちは枝豆やらジャガバターやらを大量にもらってました。これがやっぱりこの祭りのいいところ!途中も酎ハイを3杯頼むから全部で900円のとこ600円にして〜とかねだったら、代わりにチキンナゲットあげるから〜とかね。そして最後のサンバ隊にはみんな見入ってました!こういうやりとりが楽しい祭りです。

途中、日名子さん家族と4人でウチで休憩。子供のけいくんも去年会ったときはまだ人見知りがすごくてかわいらしかったですが、3歳にもなるとすごく動き回りお話もたくさん出来、これまた超かわいかった!最初はYチェアに座ってウインナーや焼き鳥を食べてましたが、その後、部屋をウロチョロ。すごく話もはずみ「けいさん、将来一緒に飲みにいこうね」って言ったら「焼き鳥やさんがいい!」って。かわい〜。帰る時も「失礼しました〜また来ます〜」って。もういつでも来て!って感じです。なんか子供の成長は本当に早いですね。今度は日名子家に遊びにいきます〜よろしくです!

そこからはまさこ氏とまさこ氏の友達とウチ飲み。語りあいましたね〜。気づけばワインも軽く1本開いてるし。なんか今年の夏は夏らしいこと出来てなかったのですごくよかった!また来年もいきましょうね。

写真は僕の家でYチェアでシークワサージュースでくつろぐ、けいさん。3歳でちゅ!
(日名子さん、写真勝手に借りました〜)

text by kazufumi edani
[PR]
by trouville | 2007-08-27 21:08 | life
進々堂
プライベートでは久しぶりに京都へ。
しかもこのくそ暑い中 何故か無性に京都に行きたくなり
レッツらgoで約1時間の小旅行。
通常であれば気持ちよい鴨川沿いもさすがに暑くてへばる。
夏の風物詩でもある川床も夜の営業に向けオープン前。

1度は行きたかった京都大学前にある進々堂へ。
今や数店舗ある進々堂であるが、1913年に創業したベーカリーショップであり
日本人としてはじめてパリへパン留学したことでも知られてる。
僕が初めて進々堂を知ったのはオリーブだったように気がするが確かな記憶はない。
倉敷のカフェグレコのような店内の雰囲気 すごく凛としている。
さすが京都大学前ということもあ留学生的な外人さん数人
英語かドイツ語で書かれた医学書片手に数人の医大生がまったく言葉も無く
勉強している姿  銀閣寺へ行く前の観光客? などなど日頃まったくといっていいほど
無縁なかけ離れた人たちがそこのはいる。
すごくアカデミックな雰囲気が漂いながら何故か懐かしくほっとする。
暑さの末 到着 冷たいブラックのアイスコーヒーを飲むと心に決めていたのだが
何故か砂糖入りしかない。
何故だろう!
それでもおいしかったのでその疑問を確認することを忘れてしまっていた。
たぶんこの夏の暑さのせいだろう。
d0054850_23515286.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-08-20 23:54 | life
真空管
grafの増地さんよりお誘い頂きKG−ampで音楽を聴く会にお邪魔する。
オーディオ界では知る人ぞ知る小松音響研究所の小松氏とgrafの
服部さんによるトーク とはいっても真空管アンプで音を流しながらの
座談会でありかなりリラックスして聞く事ができた。
お酒を飲んでいったせいもあり夢心地。
大学時代から真空管アンプを作り出し、卒業後には寺山修司の天井桟敷の舞台音響を
務めるなど経歴だけ聞いてもすごいアングラな感じがするが、おとぼけ的な
小松さんのキャラ和みました。
そして服部さんのトークは相変わらず人を惹き付けるものがあります。

その後 西森千明さんのライブ ウーリッツアーという60年代の電子ピアノでの演奏。
西森さんの歌声もすごくよかったのですが、ウーリッツァーの音色が素晴らしい。
代表的なウーリッツァーの使い手としては、ダニー・ハサウェイとリチャード・カーペンター。
フェンダーローズが出て来るまで一斉を風靡し徐々に忘れられた存在になっていた
ウーリッツァーですが、生ではじめて聞き正直鳥肌がたちました。

あらためて音楽最高であると感じた夜。


text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-08-17 23:30 | life
villa savoye
2年前の夏に訪れたサヴォア邸。
ふと写真データを整理していると懐かしい写真がたくさんでてくる。
2年前にもかかわらず鮮明に記憶が蘇る。
2度目のパリはギャラリーや美術館巡り。
1度目のパリは新婚旅行だったのにもかかわらずほぼレコ屋巡りで
今思えば柿本さんには悪いことしたな(笑)

どうしても訪れたかったコルビジェの個人邸建築サヴォア邸は
パリからなんだかんだで約1時間の道のりなのだが
海外慣れしていない僕たちにとってちょっとした冒険。
1928年から31年までの3年間をかけて建てられたサヴォア邸は
明るい時間との名称を持つ。
現代建築の5原則を忠実に正確に実現したサヴォア。
保険会社の重役であったピエール サヴォアがコルビジェに依頼をし
竣工したこの家は今でいう週末住宅 ただし その使い勝手の悪さからか
施主であるサヴォア氏はほとんど使用しなかったとも言われている。
確かにこの家を訪れた感動はあったが実際住むとなるとどうなのだろう。
「家は住むための機械」と言葉を残した偉大な20世紀建築の巨匠でさえ
理想と現実は違った。
しかし 猪熊弦一郎の言葉に、「真摯なアーティストにとって常識は敵である」と表現している。
サヴォア邸は真のアーティストであったコルビジェにとって当時の常識との
戦いであったのではないか。
そんなことを考えながら数百枚にわたる写真を眺めながら懐かしい気持ちになった。

d0054850_022411.jpg















photo bymikiko kakimoto
text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-08-16 00:03 | life
WEGNER
日本人にとって最もなじみの深い椅子Yチェア本場デンマークでも人気です。
コペンハーゲンにある シャーロッテンボー現代美術館は
以前 王立アカデミーであったところをコンバージョンしている。
美術館に併設されているカフェ 天井高8mくらいはあったでしょうか。
大きな窓から自然光が入りここで飲んだコーヒーがまた美味しかった。

d0054850_2275994.jpg



























ウェグナーについては今更 僕が語る事はないのですが、
やはり敬愛する人物の一人です。
そんな彼の椅子がまた我が家に1脚加わりました。
大阪にきて狭いながらもやはり
椅子や物に対しての愛情は消えません。
ヨハネス ハンセン時代のJH517チェア。 
織田さんや永井さん関係の書籍も見てもこの品番だけは掲載されていない。
ただし、この椅子はサイズが少し違うだけのヴァリエーションモデル
も制作されていると記されている。
背の面積が広く安楽性が高い椅子  シートはナチュラルレザー
肘をかけゆっくりと本を読むことができる。
現在の仮住まいには少々大きい椅子
フィンユールのように繊細で芸術的ではないが
無骨な潔さがあるこの椅子は永く付き合えそうな気がしています。
d0054850_0211791.jpg



























text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-08-14 23:48 | life
MILLIBAR
行った事はなかったが、知人を通してうわさに聞いていた
コンテンツレーベルカフェ 。
火事になりなくなっていたことは知っていたが、
新しくMILLIBARとして生まれ変わってました。

ソネスのめぐみちゃんから最近オープンすることは聞いていて
赤さんの書き込みで場所がわかりさっそく行ってきました。

夜は地中海料理がメインだという
純粋に飯がうまい そして居心地が良い
なんと行ってもスタッフの人柄 対応がよかった。
なんだかソネスの味に似ていてすごく懐かしくほっとする味。
オーナーの奥山さん 店長の内部さんもよい方々で
初対面でしたがゆっくり話す事ができまだオープンしていない
2階にも案内して頂き説明をうける。
ありがとうございました。

こういうお店が近くに出来てよかった。
これからちょくちょくお邪魔させてもらおう。

1階カフェ 壁の色が効いてます。
d0054850_21452080.jpg















ピート ヘイン イークみたいな大きなダイニング。
d0054850_21461744.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-08-10 21:51 | life
イナマスくんがやってきた。
福岡よりイナマスくんがサウンドスケープのゲストDJの為、大阪へ。
僕も久しぶりにSTOMPへ繰り出す。
福岡のクラブでいったらキースのようなハコ なんか落ちつきます。
そして福岡であればだいたい11時半くらいでその日の集客が決まるが
その時間になっても数名 大丈夫なのか
しかし1時ちかくになっていつのまにかフロアはいっぱい
イナマス人気大阪でも健在です。
翌日の夜イナマスくん 福岡から同行したまさる大阪の友人ジュリーに
サウンドスケープのヒグ 西尾くん そしてガッシュレーベルの田中さんと
船場のたこやへいつ来てもうまい そして詩音が泣き出し泉家は早めに退散。
その後 イナマスくんは泉家泊 久しぶりゆっくり話せてよかった。

そして久しぶりにhafby 高橋君 セカンドロイヤル社長小山内くんらとお茶。
あいかわらず変わらないが高橋くんは今やメジャー取材 イベントの連日
明日も東京でFPM田中さんのラジオ出演 忙しそうです。
そしておさ いつもCDありがとう。
頂戴したセカロのコンピかなりよかった。
そしてイナマスからも前日7時半までかかって作ってくれたミックスCDと
おすすめCD計6枚 まさるからもミックスCDを そしてhafbyのプロモなど
人の作ったCD 本当に嬉しいですね。
イナマスくん来月も待ってます。


d0054850_2221619.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-08-06 22:26 | life
昨日母が長崎へ帰った。
やっと詩音がなれてきたところだった。
帰る前の日までもりもり食べていた母は
帰省当日気持ちがいっぱいで食欲がないという。
そういう言葉を聞くと非常に寂しくなるのだが
かわいらしくも感じる。
学生時代いやでいやで仕方が無かった母の性格や仕草に
似てきた自分がいる事をあらためてきずく。

お気に入りの本屋 柳々堂  ここのオーナーさんとの話は楽しい。
大阪の母は言いすぎであるが以外や以外色々話して行くと福岡の知人の名前までも
そして来週は中村好文さんがリフォームした奈良の友人宅へお邪魔
するとうれしそうに語っておられた。
次回は感想を聞かせて下さいね。

今月号のNUMERO とミセスかなりおもしろい。
個人的に以前の流行通信をもうすこしハイソにしたイメージであるNUMERO。
以外に硬派です。
アートバブル特集と題した今号は読み応えがありビジネス的な部分含め
今のアート市場が簡単に見えます。¥500でこの内容安すぎます。
そしてミセス最近のミセスおもしろい。
そういう年齢になってきたのか いや特集が本当にフィットするんです。
もちろんすべてではないのですが男性誌より女性誌圧倒的に魅力的です。

d0054850_2213553.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2007-08-06 22:03 | life
sakerock ぐうぜんのきろく2 & 夕凪の街 桜の国
d0054850_16385854.jpgSAKEROCK / ぐうぜんのきろく2
昨日やっと買ったsakerockのDVD「ぐうぜんのきろく2」なんですが内容はライブに行った方はご覧になってますが、二つのツアーの模様が映っているのですが、そのDISC2の「フォーフレシュメンツアーのきろく」で地方でのライブ外での出来事のとこで福岡、百年蔵でやったときのとこで一瞬ですが僕が映っておりました〜(泣。やばい〜!!!!
さらにさらにSPECIAL THANKSのとこにもにゃ〜んと「恵谷くん」ってのっておりました〜!!!わ〜い!でもツアーファイナルはいいですねハナレグミやらもうゲストしっちゃかめっちゃかでいいな〜と思っておりやんした。本当は年内にまたSAKEROCK福岡呼びたいですがスケジュールがあいそうにもないですもんな〜

そしてそしてとうとう決まりましたYOUR SONG IS GOODとあのCOME BUCK MY DAUGHTERの2マンツアーです!福岡でするときはなにかしらで(DJやら・・・)参加したいわ〜。直談判だなこりゃ!ヤルシカナイ!





d0054850_16404417.jpgそして、今日は広島原爆投下の日、もちろん僕も広島出身でこのことはすごく毎年のように子供のころからリアルに考えています。広島の平和公園にある記念資料館にいったことがありますか?本当にこんなことが起きたのか?本当にこんな時代があったのか?ホントに身の毛もよだつというか、見てると怖くて恐ろしくて戦争の悲惨さをほんの一部分ですが体験できます。今年のはじめ広島に帰った時に用事で平和公園によりました。昔は千羽鶴がたくさん置かれていた記念像もこころない人のいたずらで火事で燃やされ、今はまた綺麗なものになっていましたが。平和記念式典が行われている今日。昔はどこもこの番組を特集していましたが、今は変わりましたね。関心への薄さ?たびたび勃発している戦争に慣れてしまったのですかね。

ところで以前、この広島を舞台とした漫画「夕凪の街 桜の国」が出版されました。そしてこの度、それが映画化されるとのことです。どんな風に映像化されているのか見てみたいとおもいます。大好きな麻生久美子が主演ですし、平和の大切さをもう一度改めて考えてみたいなと思った今日1日です。これが予告編です

text by kazufumi edani
[PR]
by TROUVILLE | 2007-08-06 16:44 | life


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧