<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
京都でお祝いを
友人の披露パーティの為、京都まで出向く。
福岡からわざわざ稲益くんもレコードバッグをひきずりながらやってきた。
そう今日の主役はセカンドロイヤル社長 小山内くんことおさが結婚をするということで、
そのお祝いに僕らも駆けつけた。
場所は東華菜館というヴォーリズ建築 日本で最古のエレベターがある
大正時代の洋館。
四条の鴨川沿いにあり以前から入ってみたいと思っていた建築物。
会場には2〜3百人くらいはいたのでしょうか。
関西圏で音楽レーベルやレコード屋またその関係者が多数。
マイノリティな人間が集まり、ひとつのコミュニティのようである。
乾杯の挨拶はFPMの田中さんに始まり、カジさん&チャーベさんによる甘い恋人
セカロクルーによる出し物などなど盛りだくさん。
なによりすごくピースフルな宴 そして個人的に飯 特に水餃子絶品でした。
小山内くんも今年30歳 出会ったの頃はいつごろなのか正直記憶にはありませんが、
たぶん8年くらい前でしょうか。
彼もずいぶん大人になり人に対しての気配りもすごく成長したような気がします。
けっして上からではなく、すごく人間的に大人になったなという印象です。
結婚 本当におめでとう。


そして10年来の憧れの人 梶野さんに酔った勢いで話しかける。
ミーハーのりで写真をパシャリ。
http://www.lappareil-photo.com/
色々と時代の流れはありますが、独特の美意識とスタンスを持ち続けながら
様々な顔で仕事にする なかなか出来る人はいません。
これからも一人のファンとして見守ります。

d0054850_22505886.jpg
















d0054850_22513496.jpg

















d0054850_22515141.jpg




















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-10-27 00:07 | life
そろそろ
そろそろ 公にしてもいいのかな。

実は11月末で福岡に戻ります。

そういうこともありここ最近の休みはフルに利用して
今まで見れなかった場所 もう1度見るべき場所に訪れようと思っています。
気がつくとあと1ヶ月半の関西生活 
最初は来たくなかった関西も今となっては、好きな場所に
変わりつつあります。
住めば都とはこのことでしょう。
福岡を1度離れた僕にとって、色々な所に住んでみてもいいのかと
思うようになった。
そこに住まなければその土地の生活スタイルもわからないし、
土地土地にある文化もわからない。
同じ関西でも大阪 京都 奈良 神戸の人 言葉も違うし
大きく分けると性格も違います。
例えば大阪人はねぎってなんぼだけど、直接的
神戸は福岡に近いスタイル
京都と奈良の人は間接的でも実は激しい(笑)
あくまでも僕が感じる事。
良くも悪くも関西に来てよかったな と思う。
じゃないと客観的に福岡のことも見れなかったし、
なにが足りていて何が足りないのかが見えてきたような気がする。
少しは視野が広くなったような気もする。

福岡に帰る楽しみはあるが、逆に退屈するんじゃないかという不安もある。
ただ、福岡にはないスタイル 物 人を紹介したい。

ゆっくりですが、すごくそう思います。
残りわずかな関西生活有意義に過ごせるよう1日1日を大切にしたいと思います。

そして凝りもせず甲賀 伊賀に下道4時間半かけて行ってきました。
マンマミーアでの吉野さんの個展 そしてYAMAHON ギャラリーでの
恩塚さんの個展 長谷園とわざわざ三重まで行って正解でした。
今週も盛りだくさんです。


d0054850_2336205.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by TROUVILLE | 2008-10-19 23:37 | life
名古屋の夜
岐阜の多治見から名古屋までは30分
大阪まで帰れない時間ではないが、なかなか名古屋までくることは
ないので久しぶりに家族での1泊旅行。
久しぶりの家族での夕食を外食でということに、
何を食べようかと相当迷う。

名古屋といえば、味噌かつ 味噌煮込みうどん 濃い過ぎて
イメージから食べる気がしない。
そして世界の山ちゃんに決定。

そう手羽先です。
正直手羽先以外はうーん。
ただ、スタッフのホスピタリティすごくよかった。
そして激安 ¥3000アンダー 感激です!

で翌日は名古屋観光 出張で何度か来た事があったので
なんとなくの土地勘はあったのですが、
水曜日って定休日が多く、気になっていたSHOPが数軒 OFFでがっかり。
その中でも数軒は日頃からWEBで拝見 お世話になっているSHOP
訪れる事ができ堪能できました。
丁度今日からデザイナーズウィークも始まってるようでした。
名古屋の印象は松坂屋が多い 濃い味 東京 大阪 福岡とも違う街
道路が広い 意外に地下鉄の路線が多い そんな感じでした。

d0054850_232688.jpg
















d0054850_2352532.jpg
















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-10-15 23:07 | life
多治見での出来事
はじめて訪れた多治見はあいにくの大雨でした。
大阪から乗り継ぎ含め約3時間半 遠いようで意外に近く感じました。
そういえば10年程前 会社の仕事で瀬戸には2度程陶器の買い付けに
来た事があったのでなんだか懐かしい感じもしました。

まずは腹ごしらえということで、
創業明治30年老舗の鰻や 魚關で
鰻丼の上を食す。旅にでると気持ちが大きくなるようで
贅沢にも鰻を食べる。
九州 関西と比べると少々味は濃いように感じたたれでしっかり焼き上げ
身はさくっとこおばしい。雨で気分が滅入ってただけにうれしいおいしさ。
そして街の印象ですが、雨のせいもあるのだろうか思ったよりも印象は古びた街並。
僕の地元とも少し重なりました。
途中タクシーの運転手の方の話では、合併などで10万人都市になったということ。
昨日まで陶器市があっていて週明けの今日は一番人がいないということ 
そういうこと大雨が重なりが街の印象に繋がったこともあるのでしょうか。
そして目的の場所 ギャルリ百草に到着。
市内からタクシーで約15分くらいでしょうか、100年前の民家を移築された
とは思えないくらい威風堂々と僕たちを迎え入れてくれました。
山の中という事もありますが、草木が茂りエントランスまでは気持ち良い空気を
堪能で来ます、
そしていざ建物の中へ 凛とした空気感が緊張感と安心感 
なんと言えば良いのでしょうか ぼくはそういう相反する感覚が
うまく調和し、すごく心地よい。
まずはお茶をここは骨董とモダンな内装 ピクチャーウィンドウから
見える緑 イヌの顔のデコイ 傾斜した天井 安藤さんの器でのコーヒー
いうまでもありません。
そしてギャラリー内を回遊させて頂きましたが、何故わざわざここまで
皆が訪れる理由がわかりましたし、数々の雑誌に掲載されるまでに
なっているかということ。
正直僕は雑誌やメディアがいいとうものを100%信用していません。
なぜなら自分の目で見ていないからです。
ただここは、やはり来るべき価値 見るべき場所でした。
内田さんの作品や李朝のもの 数多くの作家さんの作品 見応え十分でした。

そして安藤さんと会話させて頂く機会がありました。
すごくオーラがあり話し方も含めすごく魅力的な方
どこの馬の骨かもわからない ぼくなんかの話もきいて頂き、
ましてや車でスタジオ MAVOまで乗せて頂き感謝の言葉
しか見つかりません。
こういう人柄の方だから、作品やギャラリーに反映されているのでしょう。
少しでも見習いたと思います。

d0054850_22392247.jpg















d0054850_22393654.jpg















d0054850_2240696.jpg















d0054850_22403029.jpg















d0054850_22405485.jpg
















d0054850_22411073.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-10-15 22:38 | life
tomotake exhibition
楽しみにしていたvivovaでのtomotake展 
東京からtomotakeさんファミリーも
いらっしゃる為、更に楽しみでした。
tomotakeさんは泥染、刺繍、パッチワーク等の技法を用い、
布を素材としてものづくりをされています。
出会いは1枚のTシャツからでした。
楽器をモチーフにした子供用のTシャツ。
子供がいるからということもありますが、
tomotakeさんの絵には、簡単そうに見えながらしっかりとした
基礎がないと成り立たない構図とバランスがよく絵心があると
思います。
もちろんTシャツは僕たちにとってほんの入り口のようです。

アンセムでお茶しながらtomotakeさんの人柄なども感じ取れ
充実した神戸でした。

そして春頃には福岡でも妻が中心になって紹介していきますので
期待して下さい。

西田さん 森忠くん いつもありがとうございます。

*tomotakeさんが読み聞かせ お子さんのUちゃんとしおん 仲良く聞き入る。
 vivovaが保育園化してました。
*20日までvivovaでtomotake exhibition開催中です。
 近郊の方 関西方面に旅行の方は是非!


d0054850_012597.jpg











d0054850_023210.jpg












text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-10-13 00:04 | life
Michael Schmelling
最近気になる写真家Michael Schmelling 
個人的には初期のティルマンスっぽい気もする。
僕も好きなアーティストなども被写体になったポートフェリオなどもあり
ますます目が離せなくなりそうだ。
この写真も何気ない空気感がまたいい。

d0054850_0525275.jpg













text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-10-08 00:54 | life
Think globally, act locally. Think locally, act globally

Think globally, act locally. Think locally, act globally.
直訳すると、
「世界視野で考えてローカルに行動する。ローカルで考えて世界を相手に行動する。」
というタイトルの本。
東京、大阪、ロンドン、ミラノでアクティブに活動する、日本の若手デザイナー14組が、自らのスタイル、デザインへの思い、日本人であることの意味について、    自らの言葉で語る一冊。
そこからは、今世界が注目する「シングロ」的思考とデザインが見えてくる。

そんな内容の本である。
本書のタイトルが今の時代性を物語っているようである。
本書の一人目の特集デザイナーは福岡時代の友人 平社くんが掲載されて純粋にうれしい。         彼は福岡のコンラン時代お互いソネスの常連として友人を介してか、ソネスのゆうきくんを介して知り合ったか今では覚えていないが、飲んだ時かDJした時かも覚えていないが宇宙のことを彼と色々話しながら、変わってるなーと思ったことがある。
そんな彼もミラノに行き、海外でGIBAを結成。
かれこれ数年の間に様々な雑誌に特集されるまでになっている。
そして今月号でのMSMでのコメントも普通のデザイナーでは発言しないような
コメント。
彼が倉又 吉岡さんのような大きな存在になるような気がするのはぼくだけだろうか。
影ながら応援している。
そんな彼を知っているからだろうか、この本書のタイトルはしっくり来るし、
他の掲載デザイナーの動向も非常に気になる というか気にかけている方がたばかり
である。そしてライターの土田さんの表現もすごく理解しやすい。

この世界視野で考えてローカルに行動する。ローカルで考えて世界を相手に行動する。
というタイトルは本当にこれからのテーマであると思う。
世界まではなかなく遠く現実的ではないけど。
でもこの言葉の内容は本当に共感する。
そして宮瀬浩一さんという方が監修 どこかで聞いた事がある方だなと
はっと気づく そうだ PHOTONのクリエイティブディレクターの宮瀬さん
1度名刺交換した方だった。
失礼しました個人的にすごく良い本でした。2号も期待しています。


d0054850_0432197.gif




















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-10-08 00:26 | life
雨の中
あいにくの大雨だった。
奈良行きの電車にのり、目的地であるとある駅でおりる。
タクシーかバスで出向くか迷ってた所
わざわざ車で駅まで迎えにきてくださった。

そして作家さんの自宅兼工房にお邪魔をする。
そこは閑静な住宅地にあり普通だとそこに工房があるとは
思えない あるきかっけから気になる織物を目にし、
突然連絡しお邪魔をさせて頂く。
突然の訪問者である僕たちに凄くて丁寧に接して頂く。
そしてお茶を頂きながらお話をする。
こういうときは何故か緊張して余計な事ばかり話ているような
気がしています。
コーヒーをだして頂いたカップ&ソーサーや
こだわり抜かれた道具たちは凄くセンスがよくここから生まれてくる品々が
いいものであることはすぐに感じ取ることができた。
そしてその物になるまでの工程もなかなか見る事ができないことなので
貴重な体験だった。
自分達が気に入ったものを伝えて行くこと 少しずつやって行こう。
その時はまたはっきりと今回の事も話して行きたいと思う。
多少値が張っても良い物は絶対理解してもらえるはずだから。

そしてあいにくの雨だったが、前々から行きたかった奈良ホテルでコーヒーを飲む。
庭にはしかの姿も見える。意外にも野生の鹿らしい。
初めて奈良町を探索した印象は和菓子屋が多く 古本屋が多い。

次の奈良訪問はどういう印象にかわっているのだろうか。
楽しみである。


d0054850_23461877.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-10-03 23:57 | life
懐かしい写真!
6月のイベントのときの懐かしい写真が~。
d0054850_21425594.jpg
d0054850_21432744.jpg


by edani
[PR]
by trouville | 2008-10-03 21:43 | photo
メロヒールO! SLOWLY
d0054850_2323012.jpg


どうもエダニです。早くも10月。天神FMで番組をはじめてから2クールが過ぎました。
まさか、毎週4時間もの番組をここまで続けてできるとは正直思ってませんでしたが、
いろんな人の支えで、なんとかやってこれました。
ここから3クール目に突入です。

そして天神FMも開局12周年を迎え、WEBもリニューアル!
そんな中、僕の番組もなんと天神FMのPICK UPプログラムになってしましました〜
ここチェックです→ 天神FM(プログラム一覧)

今日は開局記念日ということで大田こぞうさんとSACHさんの大御所さんお二人と一緒に
スペシャル番組に参加しました。すごい楽しかった〜

やっぱ喋るの僕好きなんだな〜と再認識!!
その他、ブログ(天神FM内)や11月出版のフリーペーパーでもコラムなんぞ書かせていただきました。これからも夜のRADIO TROUVILLEだけでなくいくつか天神FMさんで何かいろいろ仕事させてもらえたらいいな〜なんて思ったりする今日このごろ。たくさんの人脈というか、素敵な方に毎週あえるのがすごく楽しみなんです。

さて明日も朝10時〜14時までラジオです!!頑張っていこーーーーー!!!!

text by kazufumi edani photo by m.y.k.
[PR]
by trouville | 2008-10-01 23:11 | life


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧