<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ありがとう。
大阪最後の夜です。
送別会から今帰ってきました。
正直身体相当きつい。
あと3時間で引っ越し業者が来ます。
ここ最近はほんと毎日のようにスタッフと
食事 別にやめる訳でないのだが、関西から九州に
戻るだけですが何だが転職する気分です。
今日は引っ越しの準備と平行してなにかお世話になった
人たちに自分の気持ちを伝えたいということで
久しぶりにCDを作りました。
テーマはありがとう 
僕の趣味が反映されすぎて楽しんでくれるかわかりませんが、
気に入ってもらえれば幸いです。
大阪 当初は本当に嫌だったけど 今となっては本当に
来て良かったと思います。
この場を借りて関西でお世話になった方にお礼申し上げます。

ありがとう!

明日 いや 今日の夜はもう福岡です。

d0054850_2125691.jpg















text by testuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-11-30 04:21 | life
ディープな千日前
ここ最近はありがたいことに送別会続きで、ほぼ毎晩飲んでいる。
昨日も送別会しましょうFさんから連絡を頂く、Fさんが福岡時代から
少し面識はあったのですが、大阪にきてタイミングが会わなかった。
Fさんの案内でまずは千日前の世情け横町の蕎麦屋へ。
何にやら いかがわしい界隈の中にどう見ても蕎麦屋とは思えない
このたたずまいはまず いちげんさんは絶対入らないでしょう。
そこには常連さんが集まり紹介頂く。

Fさんはデザイン好きでサローネにも2001年から通っているらしい。
その上交友関係も広く、僕の福岡の友人もつながりがある。

そして盛り蕎麦を頂く これがうまい 正直この店構えからは全く想像できない。
しかも店の名はイボンヌ ママさんは以前アナウンサーだったとか。
とにかくディープすぎます。
残念ながらカメラ忘れる。しまったなー。

大阪から離れる前になって更にいろんな大阪の側面が見えてきました。

その後は肥後橋のイタリアンで立ち飲み F邸でデザイン談義と夜中4時。
Fさんありがとうございます。

今日も二日酔いです。
あとわずかですが、ほぼ飲み会 やっぱりこうなると関西離れるのも
寂しいものです。


text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-11-22 21:21 | life
ディーター ラムスの良いデザインの10か条
ディーター ラムスの良いデザインの10か条

Good design is innovative.
(良いデザインは、革新的である。)

Good design makes a product useful.
(良いデザインは、製品を有用にする。)

Good design is aesthetic.
(良いデザインは、美的である。)

Good design makes a product understandable.
(良いデザインは、製品を分かりやすくする。)

Good design is unobtrusive.
(良い製品は、押し付けがましくない。)

Good design is honest.
(良いデザインは、誠実である。)

Good design has longevity.
(良い製品は、恒久的である。)

Good design is consequent down to the last detail.
(良いデザインは、あらゆる細部まで一貫している。)

Good design is environmentally friendly.
(良いデザインは、環境に優しい。)

Good design is as little design as possible.
(良いデザインは、できるだけ少なく。)

おっしゃる通りなんだけど これがなかなか出来ない。
巷には、あーこんなディティールなしだなーと思う物も多い。
ただし、良いデザインの10か条に反するデザインの中にこそ
おもしろく個性が表現されるものも多い。
じゃないとみんな無印でいいなどになると、またこれも物足りない。
実際、ディ−ター ラムスじゃなければ、BRAUN製品のマスターピースたちは作れなかった。
途中VTRのインタヴューでプロダクトが売れる事は一切考えなかったとのコメントがあった。
今の日本の企業においてまずインハウスのデザイナーに求められる事が全くの真逆である。
厳しい未曾有のこのご時世 今この展覧会は本質のような気がした。

*天保山ミュージアム 2008 11/15-2009 1/25まで
ディーター ラムスの時代−機能主義デザイン再考 必見です。

d0054850_0152911.jpg













text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-11-19 00:17 | life
セルフレームのメガネ
コルビジェ、リンドベリ、フィン・ユール、ギンズバーグ、ゴダール、
カル・ジェイダー、ビル・エヴァンス、ウディ・アレン、池波正太郎、
司馬遼太郎・・・。
セルフレームはモダニストの証か。

随分前 友人 野見山くんのBLOGでの文章から抜粋。
他にもセルフレームをかけていた著名人は数多く存在するが
セルフレームのメガネがどうも昨今ブームのようである。

実は以前2度程セルフレームのメガネを購入した事があった。
当時は学生から社会人にでたばかりの僕にとって数万円の高価な
買い物であったが、どちらも支払いが終わる途中で紛失。
そんなこともあってか、メガネとは相性が悪くなかなか手にすることはなかった。
ところが久しぶりにメガネでも欲しいなと

そしてMOSCOTのセルフレームを購入した。
ベタであるがmade in NYに惹かれる。
いちおうすべてのラインをかけるが、ほとんど嫁さんは
笑ってる その中でひとつだけしっくりきたのがNEBBだった。
(ただし決してジョニーデップの影響でない事だけは弁明しておきたい。)

メガネをかけて そのレンズから見る風景はなぜかいつもと違うように見える。

d0054850_23493557.jpg













text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-11-18 23:50 | life
新御堂の焼き鳥屋
関西生活もわざかという事で、vivovaの森忠くんとお疲れ会。
次回はやきとりかスペインバルということで、
気分的にやきとり。
新御堂のTUTAYAで待ち会わせする。
新御堂? 僕がクエスチョンを送るとHEP前?
あーあの観覧車のある所 意外に覚えれない。
2年近くいるけど結局自分が興味ある場所しか理解してないようです。
久しぶりに焼き鳥 消費量では福岡が全国一ですが、
この焼き鳥屋 味は推薦だけにうまい。

飲みながら今後の事を含め色々と話す。
僕の相談も含め彼のアドバイスは適切だと思うし、
やっぱりバランス感覚の良さが信頼できる存在。
前月号のエルデコでも特集されたイギリスのベイリーズも
実は彼が日本に引っ張って紹介している張本人。
飲みながら、きっちした形で福岡でも紹介できるように、
ゆっくり準備しようとあらためて思う。

それにしてもそんなにのんでいないつもりで
けっこう酔っぱらったようだ。

今日の収穫は関西出張困ったときの宿泊場所
その時は宜しくです(笑)

新御堂の焼き鳥屋 もしかして関西に来て初焼き鳥今頃気づく。

わざわざ神戸からありがとう。
d0054850_0261376.jpg














text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-11-14 00:30 | life
確かな技術
1年ぶりだろうか 滋賀の長浜まで出向く。
滋賀と言ってもほぼ岐阜よりで快速で1時間半と結構遠い。
そうまでしても訪れたいお店がある。
井藤さんの展覧会 やっぱり行って良かったです。
シェカーBOXの作品のバリエーション多さにまず圧巻
木工技術が高い椅子やテーブル その中でも廃材を利用して
製作された椅子はまるでピート ヘイン イークの椅子のようである。
ただしそれはピートの椅子のように決して大量生産されることは
なくあくまでもリミテッドでしかありえない存在感がある。
日本の木工のましてや廃材を利用したというと、イメージ的には
いなたいような気がするが、そんな事は全くなく、
アートピース的な装いさえも感じる。
家具を生業にしてる僕にとって井藤さんの作品はすごく、正直な気がした。
そしてどこかにアンチテーゼを感じる。
装いは、多くを語らない控えめな作品も本当は多くの事語りたいのではないか
そう 感じた。
展示場所である季の雲 ここでの展示内容は絶対期待を裏切らない。


せっかくだから 長浜城を横目に初の琵琶湖を眺める。
正直 日本一の湖でなかったら、どこにでもある湖の風景かもしれないが
家族で見た琵琶湖は生涯忘れる事がなく記憶に残るに違いない。

初めて 娘にたんぽぽを見つけて遊んだ。
娘は記憶に無くても少なくても僕には残る。

d0054850_2335214.jpg















d0054850_23354415.jpg
















d0054850_23363510.jpg















d0054850_2337443.jpg
















d0054850_23372621.jpg



















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-11-09 23:47 | life
カスティリオーニと光の話
先日 grafからお誘いのメールがあり、
アッキレ カスティリオーニ 自由の探求としてのデザインの著者であり、
演出家/アーティスト/執筆家である多木陽介氏による講演会がると
いうことで出向いた。
カスティリオーニ本人の講演ではないが、本書を購入し、読んでいただけに
多木さんという人物含めすごく楽しみであった。
参加定員は50名 いかにも関西の設計関係や、デザイン関係の方々が多いような
雰囲気。

現在はローマ在住である多木さんの話しはあっという間の1時間半。
カスティリオーニが照明デザインより、ディスプレイデザインを数多く手がけていた事
現実にはならなかったトリノの街の照明都市デザイン計画など、
興味深い話が満載で あった。
僕が行きたい場所の中でも上位であったカスティリオーニのミラノの自宅兼アトリエ
今回の講演を聴いてミラノに行く機会があれば必ず訪れようと決意した。

そこには道具とデザインを導く本質があるだろうから。


d0054850_2259374.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-11-09 23:06 | life
ふるさと
親父の1周忌で長崎の実家へ。
今回は新幹線ではなく、飛行機で、長崎空港経由。
たぶん20年ぶりくらいの長崎空港でした。
到着しチャンポンではなく五島うどんを食す。
あごだしでかんぼこが入った腰がある細めん うまいです。
空港からさらに車で2時間かかる我が家。
やっぱり遠いです。
親父の1周忌と祖母の7回忌 親戚1同集まる。
自宅で墓でお経をあげていただくお坊さんは僕の中学 高校の先輩。
その先輩に中坊時代 お前 生意気としめられたこともあるが
それも20年前 そんな先輩が今は家業を継いで立派に坊さん。
法事あとのごちそう食いながら、そんな話も今となってはいい?思い出。
くそまじめで来た坊さんよりも僕にとってはへんな説得力があります。

帰り際、空港の書店で手に取ったBRUTUS。
GOOD タイミングな特集 ふるさと 愛する地方都市。
友人のお店も掲載させて、そのコメントにたぶん半笑いの僕。

d0054850_22542490.jpg













text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-11-01 22:55 | life


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧