<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
MARIAN WIJNVOORD
福岡に戻り約1か月経とうとしている。
まだまだいっこうに片付かない いや片付けようとしていない
片付ける暇がないと言った方が適切であるような気もする。
そんな中 本の整理をはじめ以前パリのギャラリーでの展覧会の
パンフレットを見つけ出す。
MARIAN WIJNVOORD
オランダ人画家の油彩 視覚が精神に作用する直前、存在の残像のような風景。
マレのVielle du Temple通りにあるGalerie Birthe Laursen をたまたま
通りがかった時に彼女の作品に出会ったのだ。
購入しようと考えはしたものの財布の中身に相談する前に諦めがつく程の値段だった。
そのため、代わりに2001年と2005年(当時)2冊の展覧会のカタログを購入した。
美しい抽象画こんな絵とともに暮らしたい。
Galerie Birthe Laursenはコペンハーゲンにもあり、偶然にもそこにも
訪れた事があることを数年経った今日発見。
次回行く機会があれば再度必ず訪れたいと思う。

d0054850_12513936.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-12-31 12:52 | life
クリスマス
クリスマスにはチキンがかかせなせん。
今年はおいしいオーガニックフードとBIOワインも
おししかったな。

d0054850_12263198.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-12-31 12:28 | life
吉祥寺〜下北〜上原
築地くんに泉さん 吉祥寺いいですよと助言をもらう。
僕のその時々の感覚を察知してくれいつも適切なアドバイスを
してくれる。
谷中から電車で40分 駅におりユザワヤが出現し?な気分。
お目当てのお店がなかなか見つからない 数十分探し歩いて到着。
予想以上に僕のアンテナに引っかかったお店でした。
たまたまarneでは吉祥寺特集。
そのほとんどのお店に出向きましたが、どこもそれぞれ違う
思いがあるお店でした。
吉祥寺次はもっとゆっくり散策したいと思う街でした。
築地くんと下北で待ち合わせ 老舗ジャズ喫茶マチコでコーヒー飲む。
福岡で言うなら屋根裏獏のイメージやねと二人で盛り上がる。

そして行って見たかった代々木上原のル キャバレ 実は築地くんの
以前の上司のお店。
築地くん 杉山さん 加藤さん 福島さん 森本さん そして僕
男6人でフレンチ。
あんまりないよなー。
もちろん飯うまい ワインうまい そして久しぶりの再会に
新たな出会い 楽しかった。
野郎ばかりでも楽しいもんです。
あっさりしてそうで実はメンツ 濃いもんなー。
杉山さん良い笑顔だ。

d0054850_124452.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-12-19 01:25 | life
谷中
谷中 やなかをはずかしながら、タニナカと読んでいた。
僕以外にそういう人がいたらすごく親近感がわく。
ちょうど大阪から帰った日にSONESに顔を出したら
僕と同じ日に東京から元sonesのスタッフの平岡くんが
帰ってきていた すごく偶然 そして彼としばし話をすると
谷中に住んでいたという その時もぼくはタニナカと言って
恥ずかしい思いをする。
そんな彼に来週 谷中に行く事を伝えると谷中のいいお店を書いた
メモをこっそり渡してくれた。
1週間経った。
そして根津駅へ到着。

目的はクラシコさんだった。
少し谷中散策をしながらたどり着く
そんなに大きなお店ではないが、お客様で溢れている。
クラシコの高橋さんへご挨拶。
あいかわらずいい雰囲気の方だ。
クロージングと、ものを壁一つで同じお店ながら違う表情を見せる。
骨董も洋服もまったく違うジャンルながらバラバラ感がない。
やっぱりセンスがものをいう。

一目惚れした骨董品を購入した。
そしてすごくお腹が減っていたので近くのお店を聞いた。
いくつかお教え頂いた中で、根の津というさぬきうどん屋さんで
鴨つけ麺を食べる。
予想以上においしかった。
やっぱり飯は、聞くに限る。
あとになって平岡くんからのおすすめを開く。
そこには根の津はのってなかったのでなんだか得した気分だ。

d0054850_184766.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-12-19 01:01 | life
YABUさんとの2日間
日仏会館で久しぶりのYABUさんの個展があった。
福岡に帰ってきてナイスなタイミングである。
YABUさんは単なるアーティストではない
絵を描く意外にも、家具や内装などもこなす。
一般的にはSONESが有名だろうか?
以前 YABUさんは赤坂でGALALAというギャラリーも運営していた。
まだ今みたいにおつきあいさせて頂く前はGALALAは敷居が高くて、
大人の空間だった。
SONESが出来てからだろうか少しずつ、話す事があり
YABUさんの90%本気かどうかわからない話に反応することが
やっとだったような気がする。
それが関西から帰ってきてYABUさんの話の面白さが今頃になってわかってきた。
けっして関西のりでないYABUさんのトークはおもしろい。
酒を飲んでもアートの話になると真面目に話されるし、僕がいうのもなんだが
的を得ている。
やはり彼は、確信犯だ。
初日のライブペインティング間に合わなかった 武さん ともちゃん 野見山くん
しもやん YABUさん 角さんとお疲れ会。
そして二日目の日仏のクリスマスイベントのライブペインティングはなんとか
参加できた。
林さんのギターがsea and cakeみたいでかっこいい。
曲にあわせライブペインティングがはじまる やっぱりYABUさんはかっこいい。
絶対彼はいつかもっと大きな舞台にたつ人だと思う。

d0054850_0162356.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-12-16 00:17 | life
二階堂さんのうた
楽しみにしていた二階堂さんのライブ。
ほぼ初めてに近いカフェテコで。
ただし、自宅から10分圏内。
やっぱり福岡コンパクトな街。
会場はすでに満員。
歌いだした彼女の声はCDで聞くよりも、
心に伝わる。まるが声が楽器のよう。
すごくやさしい人なんだろう。
歌ってやっぱりいいなーと純粋に思った。
そして何よりお客様をうまく巻き込みながら
会場の空気を暖めて行く。
あープロだなー そしてライブを楽しんでるんだなーと。
二階堂さんのファンの娘も楽しそうである。
中盤から後半にかかろうかとすると、
やっぱり 「パパ 絵本とって」。
こういう時に限ってシーンとしている。
テコの手嶋さんが気をきかせて頂き絵本を
持ってきてくださると、「パパ 絵本じゃなーい」
おーい  今からがいいとこというところで
やっぱり叫びだす。
やはり、すべて聞く事が出来ず あえなく途中退散。


カクバリ社長 手嶋さんご親切にありがとう。
そしてエッタンも気使ってくれてありがとね。

d0054850_23473996.jpg















text by testuo izumi
[PR]
by TROUVILLE | 2008-12-13 23:50 | life
春吉飲み
久しぶりにtrouville男3人+mykさん飲み。
場所は岡やんの店 芫にて。
trouvilleはじめて来年で10年なのかな?
稲益くんはDJとして福岡をベースにずっと活躍しているし、
エダニくんは去年からラジオ活動充実してるし

そして、mykさんも参加 かっこいい女性といえば、彼女
DJとしても全国区で頑張ってるし、
店主 岡やん 出会った時から良い意味で変わってない。
ナンコツとろとろ鍋うまかったよ!

僕はこれといってありませんが、もの こと ひとの繋がり
で今後もマイペースでやって行こうと思う。

d0054850_23301577.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by TROUVILLE | 2008-12-13 23:33 | life
山口さんの美意識
どれだけの世の中の35歳男子がミセスを購買しているだろう。
以前にも書いたことがあるが、ミセスがおもしろい。

特に、今月号は神戸特集であるから特別だ。

vivovaの森忠くんが紹介した素敵な暮らしをされている
山口さんの自宅 暮らしぶりを見たかったからだ。
話に聞いいた通り素敵な方だ。
僕たち世代のは、真似できない深みがある自宅だし、
コルビジェのシェーズロングは以前サヴォア邸で見たオリジナルよりも
その物が見事に調和した空間のような気がしたのは気のせいだろうか。

やばい 早くも神戸が恋しくなっている。

d0054850_23453328.jpg















text tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-12-10 23:46 | life
ORGANにて
蚤の市前のORGANで物色。
食事をした流れでいつものように。
以前であれば普通でしたが、久しぶり といっても全く違和感なし。
いつも買い付けから戻ったと同時に、チエックに行ってた頃が懐かしい。
もちろん数点物色。
武末さんからのニューメキシコ サンフランシスコ話が楽しいし参考になる。
そしてうちのちびはすっかりともちゃん子に。

おいしいお酒 いい感じの音楽 これ以上何が必要でしょう。

d0054850_23261393.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-12-10 23:27 | life
再生
福岡に戻っての醍醐味は食事。
麺通団3回 わっぱ食堂2回 中央市場の定食屋(名前は忘れた)2回
イコネ 小笹飯店 大名のさぬきうどんなどなど

安くて美味しいお店が満載です。
やっぱり福岡は転勤したい街 転勤で出たくない街の理由はまずここでしょう。
天神を歩くと普通に屋台がある。
関西に行ってわかったんですが、屋台って普通にないんですね。
地元の人間はたぶん1件目から屋台に行く事はなにと思うのですが、
福岡の人は屋台を居酒屋代わりにしてると思われてるようです。
福岡の観光名所といえば屋台 それと個人のセンスがあるお店。
他にはなにがあるんでしょう。
天神を歩くと空きテナントがあまりにも目立ちます。
こういう政令都市って他に類を見ないような気がします。

10年前の大名は、すごく面白い街でした。
今は、
家賃が高くこの市況であれば、一定以上の企業しかテナントに
入れませんが、今高い家賃で入る企業がどこにいるのでしょうか?
ましてや個人経営のお店なんか尚更です。
僕がディベロッパーなら、テナントに入らないより入ってもらった方が良い
し、コンペ形式でもより、おもしろい(集客が望める)個性がある
お店に入ってもらい空きビルの価値をあげるべきだと思います。
そうでなくてもやっぱりなんとかしないと天神の街の価値が低下しかねません。
又は密かにうわさになってるH&Mが入り、他県含めた集客アップ 話題性で
街の認知はされるでしょうし、そこをきっかけに新しい資本が入ってくるでしょう。
リトル東京ではなく、福岡の価値観をもっと出せないのでしょうか。

よけいなお世話なのかもしれませんが、福岡が好きだからこそこういう状況が
納得できません。

d0054850_21295860.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2008-12-10 23:17 | life


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧