<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ごきげんラジオ
タイムリーなことにブルータスもラジオ特集。
エダニくんから誘われ今月から月一ラジオにゲストで出演します。
深夜番組をtrouvilleでやってたのって何年前だったのでしょう。
当時はラジオは憧れでみんないつかやってみたいということも
あり、緊張しながら試行錯誤してやってた記憶がよみがえりました。
それ以外、数回様々なパーソナリティの方のゲストという形で出演しましたが
生でのトークはあまりなかったような気がします。
気心しれてるという事もありますが、さすが週1回の4時間番組と深夜番組を
レギュラーに持ってるという事だけあって、エダニくんのトークはかなり
プロっぽく(良い意味で)なっていて僕もリラックスして話せました。
今回は自己紹介とインテリア的な話を少々、音楽コーナーでは卒業をテーマにセレクト。
次回以降はインテリア以外に興味がある事柄などについて話していこうと思ってます。
そしてプロデューサーのりょうちゃんとも久しぶりに一緒にでき、
仕事とは違う良い緊張感を持ちながら話せたのが良かった。

trouvilleも10周年何か形にできるでしょうか?

d0054850_2337503.jpg
















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2009-02-26 23:38 | life
大分
朝早くから大分まで出向く 高速を飛ばしても片道
2時間半 160kmと結構遠い。
福岡は大雨で由布岳あたりから晴れだす。
湯布院以降 初めてということもあり、山間の景色に一人で感動する。
由布岳を越えると別府湾が一望し、大分市内に到着。
これだけでも一仕事終えた気になる。

1件とある仕事先で1冊の小冊子を購入する。
といってもお願いして譲ってもらった展覧会本。
sさんの建築は建築雑誌で何度か目にして興味を持っていた。
fさんと1時間以上お話するなかで、いくつか興味深い話を耳にする。
そして最近発売されたポルトガルの建築雑誌の半分近くsさんの建築作品
レヴューが掲載されていて見応えがある。
10housesという10棟の戸建型市営住宅は一見SANNAっぱいといってしませば容易であるが、
10棟それぞれが違う建物が同居し一つの集落を
造り出す事によって、小さな都市計画を見ているようである。

帰りに湯布院の老舗tさんに納品でお邪魔する。
湯布院でももっとも有名な温泉旅館であり18室の客室は半年先までも予約が
埋まっているというのですから不況しらずです。
飾り気がないおかみさんらであるが、さすがにホスピタリティは最上級でしょう。
仕事で行ったのに逆に癒されました。
特に自宅の蔵書は詳しくは書けませんが、すごいことになってました。
さりげない気配りや、さりげないインテリアすべてにおいて押し付けがましさがない。
粋なはからい あらためて粋とはどういう意味か考える良い仕事でした。

帰りに売店で秘伝のたれを購入  すき焼きのタレ代わりに使うと最高です。


d0054850_23154649.jpg















d0054850_2316356.jpg

















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2009-02-26 23:18 | life
気になるアーティストたち
先日のコメントとは反して
知らない物が多いという事は
幸せなのかもしれません。

詳しいアーティト名は書きませんが 
すべて違う作家の作品も並べてみると何故か
相性が良いようです。

人の気持ちを操作するということ事については
アートもデザインも共通する
ところではないでしょうか?

d0054850_0294728.jpg




















d0054850_0312160.jpg

















d0054850_0323175.jpg

















d0054850_033183.jpg

















d0054850_0331228.jpg

















d0054850_0334566.jpg












d0054850_0335667.jpg













































text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2009-02-20 00:39 | life
気になる。
ルーシーリーの展覧会本 復刊です。
SAM HASKINSが撮ったルーシーは良い表情していますね。
流れでリーチも。
実は、僕は小説 ほとんど読みませんというか読めないんです。
たぶん 現実的なんでしょう。
その割には現実逃避してますが(笑)
なので自分にとって実用書ばかりになります。
そして杉本さんの新刊もまだ読んでません。
杉本ファンとしては失格です。
ミーハーですが、岡の上のパンクも読もうと思ってます。
そして久しぶりにロメールの新作楽しめるでしょうか?

d0054850_014360.jpg





d0054850_0151251.jpg
d0054850_0155226.jpg
d0054850_021690.jpg
d0054850_0255040.jpg





































































text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2009-02-20 00:27 | life
音楽でも
まだまだレコードは段ボールに山積み 
ターンテーブルも山積みの段ボールに埋もれレコードは聞ける
状況ではない、そんなこともありCDを垂れ流しているのだが、
最近のお気に入りがある。
handsomeoy techniqueこと森野くんのセカンドが京都はセカンドロイヤルから届く。
前作の評価はスウェーデンでのツアー成功やBONマガジンといった
ファッション誌にも取り上げられ、海外での評価がはるかに高い。
そして今作 期待以上です。
雑食的に多くの音楽を聴きながら、ここまでのPOPミュージックを
造り出しお世辞でもなく、森野くん天才です。
リスニングでもダンスミュージックにもなり得る。
今作もヨーロッパで大きな評価を得るでしょう。

そしてstephen j preston 詳細は不明です。
いつものようにtowerで新譜のチエック 店内でかかる曲に
反応するするいちおうDJのはしくれ店内で流れている音楽が有名な曲で
知らなかったら恥ずかしいと思い(笑)曲を尋ねた事がないのだが、
あまりにも琴線に引っかかったので思い切って尋ねて見る。
さっきみたすごくダサイスリープデザイン このジャケでは絶対手に取らない。
すごくいいのに しかも今時 CD−R よくtowerで流通しているなーと
たぶん好きなバイヤーさんが、入れてるのでしょう。
出会えて良かったCD。ホントミラクル!
http://cdbaby.com/cd/stephenjpreston

最後に、antony&the johnsons
ルーリードが初めて彼の歌を聴いたとき、私は自分が天使の前にいるのだと
分ったと表現している 一見悪趣味なジャケットにPVただし、
彼の歌が流れ出すと鳥肌がたつ 久しぶりにここまで存在感があるアーティストは
いない 彼の経歴もアンダーグランドでありかなりのマイノリティ。
そんな彼もイギリスでもっとも権威あるマーキュリープライズを獲得する。
たぶん そんなこと関係なしに今後も独特な世界観を表現していくはずだと
期待する。


d0054850_21391854.jpg
















d0054850_2139402.jpg














d0054850_21401135.jpg










d0054850_21425985.jpg
























text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2009-02-18 21:36 | life
負けずきらい
確定申告に行く。といっても自営ではないが、
保険料控除や、転勤から戻り 住宅借入金控除などの再申告のため。
国へ税金を納める 国民としては当たりまえの行為であるの
だろうが、あまりにも税金を無駄使いにしている政治家に最近腹ただしい。
半年程前に会社と国の手違いで、多くの税金を戻すはめになった。
その時は、けんか腰で掛け合っても国のルール冷酷無人
であり まったく融通が利かない。 

そのとき、あらためて思った。
知らないと損をする事が多すぎる。

正直 今まであまり国政に対して興味を抱かなかった。
そしてはずかしながら、新聞をリアルに読みはじめたのもここ1年。
日経とMJまだ難しいことも多くあるが、日々新しい発見もある。

結果的に痛い思いが、少しでも知恵をつけないと
と自分の中の負けずきらいが生まれている。

text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2009-02-18 20:36 | life
有田
意外にも有田初めてです。
まずは腹ごしらえ唐津バーガー
無性にハンバーガーが食べたくなりはじめて
唐津バーガー食べましたが、予想よりもおいしい。
野見山くんはスペシャルバーガー。

目的は辻君の実家である辻青磁社。
関西に転勤になる前、辻君が作った磁器のカップを頂いた。
うすはりグラスのように薄い口当たりのカップはビール
(発泡酒)を飲む時必ず愛用している。
宮内庁へ献上するほどクオリティが高い数少ない窯元。

そんな創作の現場が観たくて野見山くんと有田までドライブ。
まずは腹ごしらえということで、有田の名物という鯉を食す。
鯉の洗いと鯉ごく 初めて食べました。
海魚ばかり食べてきましたが、川魚 同じ魚でも違います。
これで3人前。
お腹も満たされ創作の現場を覗く。
ろくろをまわす工程から素焼き 絵つけなどなど
丁寧に工程を説明して頂きましたが、詳しい事はよしとして
リアルに物作りの現場を観るのは勉強になります。
みなさん集中しての細かい作業 現場を観ると
物の価値があらためて理解できます。
有田は日本で初めて磁器発祥の地であり、
400年前、有田の泉山で日本ではじめて磁器の原料となる陶石が
発見され磁器の生産が始まりまったそうです。
辻家の歴史も約380年 辻君で15代目にあたるということです。
辻家の塀は150年程の歴史があり、有田でも有名のようです。
自宅でお茶を頂きながら、宮内庁に納めた器を説明頂く。

その後、有田 波佐見巡り。

野見山君 辻君ありがとう。
良い刺激を頂きました。

d0054850_23183326.jpg















d0054850_231843.jpg















d0054850_2319214.jpg















d0054850_23184335.jpg















d0054850_23195683.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2009-02-07 23:22 | life
Edmund de Waal
Edmund de Waalのアトリエ。
参考になります。
数人 英国に気になる作家がいるのですが、
彼の美意識には頭が下がります。
歴史的背景も踏まえ、しっかりと自分の作品に反映
されているように思えます。

そして週末は有田へ 楽しみです。
d0054850_23532690.jpg



























text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2009-02-05 23:57 | life
先輩
とある設計事務所の会合で久しぶりにWさんと再会する。
Wさんは僕が今勤めている会社の先輩にあたる。
といっても今の会社名になる前に青山にギャラリーができた。
時は1969年今から40年前 初めてB&Bやカッシーナを日本で
紹介したのはうちの会社だった。
もちろん北欧物も含め僕が知ってる限り、スーパースタジオなど
当時今では考えられない商品構成で好きな人にはたまらない品揃えだった。
Wさんは今の会社の前身であるギャラリーのファーストメンバーの
1人 当時8人だったという。
熱海のMOA美術館のため、ウェグナーに別注した椅子の話など興味深い。
その後、退職しデンマークへデザイン留学その時の先生はなんと
ケアホルム 羨ましい。
ケアホルムの仕草や行動などの話を聴くと今まで抱いていたイメージ
と少し違っていたがまたそこが新しい発見にもなった。
その後PPモブラーから椅子も出されている。
Wさん曰く 今は不景気だけど物を理解して頂ける人は以前に比べて
遥かに増えました。以前は金額は高くて価値がわからなくても
お金の裕福さとコネで発注が来ました。とのこと。
確かに、一理ある。が全てでもないと思う。
ただし、本質のようでもある。
僕が出来ることはなんだろう。
こんな時代だから個々の個性が大事だとあらためて思う。

良い事ばかりではないが、焦らず行こう。


text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2009-02-03 01:52 | life


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧