<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
drawing fashion
そしてラッキーだったのは、Drawing Fashionというvorgeを中心にした、
ファッションイラストレーションの展覧会を観れたことだった。
これは全くの偶然だった。

迷路的な会場を順を追っていくと、年代別に活躍したファッションイラストレーターが、
時代性を感じさせてくれる。シャネルや、ディオール、ギャルソンに、ビクトール、ロルフ、
ラクロワ、そしてマックィーンなど、数々のメゾンのイラストは、ファッション写真同様に
広告としての効果も大きかったのが伺われる。
戦前から戦後にかけvogueは,アレクサンダー・リバーマンがアートディレクターろして手腕
をふるい、アーヴィング ペンと組み次々と素晴らしい写真を世に出してきた。
また時を同じく、Harper's BAZAARでは、アレクセイ・ブロドヴィッチがリチャード・アベドン
と組みファッション写真の基礎を築きあげた。どちらのアートディレクターもロシア出身であった
ことが興味深い。そして、ファッションイラストレーターも写真家と同じように、アートディクター
との関係性から、作品としてイラストレーションが出来上がってきたのだろうか?
まずは、クライアントからの依頼のもとに、イラストレーションをおこす、そこで構成状
アートディレクターが介入してくる?もしくは紙面構成状のおいてなのか?
このあたりは、今度、知人に聞いてみるとしよう。
この展覧会のイラストレーションはどれも素晴らしかったんだけど、特に個人的にひいきにして
いる、スウェーデン出身のマッツ・グスタフソンのオリジナルのイラストレーション数十点と、
彼が水彩でドローイングしている数分間の映像を見れたことは感激だった。
彼の最新の作品のswanはちょうど昨年、NYのjhon mcwhinnieギャラリーでも拝見出来た。
同じイラストレーションでも、アートの領域と、広告の分野を上手く分別しながら、どちらの
仕事のクオリティも落とす事無く、逆に価値を上げ合うバランス力は、近年のアーティストの
あり方を象徴しているような気もしている。
そして、「彼は、NYで最も成功した北欧のイラストレーターでよ」と、マッツが以前住んでいた)
アパートの前を通りながら、以前、タカさんから教えてもらったことを思い出した。

d0054850_23313912.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2011-02-27 23:32 | life
pain space
ロンドン ブリッジ駅から歩いて20分くらいだっただろうか。
フォスター卿のロンドン市庁舎を尻目に、なんとかデザイン ミュージアムにたどり着く。
ここまでは、わざわざ着ましたという感じ。
偶然にも、ちょうど、ジョン ポーソンのPAIN SPACEという展示会が行われてたので、
限られた時間ではあったが、なんとか訪れる事が出来た。
ジョンポーソンはご存知のようにミニマミズムの象徴的な建築家として知られている。
そして、故 倉俣史郎のアトリエの出身でもある。今まで、数々の建築書や洋書を通じて、
彼の作るスタイルは認識してはいたが、綺麗な空間を作る人だなという印象以上はなかった。
なので、この展示会を通じて、ジョン ポーソンという人物がどういう物作りをしているのか?
肌で感じてみたかった。会場は、ポーソンがよく使用するDinesenというデンマークの
床材メーカー(確かサーチ ギャラリーが協力している)の材?を使用した造作のテーブルに、
過去手掛けたprojectの模型や、プロダクトなどが、年代に分けられてビジュアル的にも、
配慮された展示手法であり、ポーソンがmm単位で仕事をしているこだわりが、一瞬でわかる。
ただ、それは堅苦しい訳ではなく、すごく自然に魅了されてしまう。
テーブル下面からは、配線を一切見せない処理で、電源をどこからとっているかわからない構造。
そして、その白熱のあかりが、床に反射して、壁のレース状の素材がまた、そのあかりを優しく
吸収して、会場内をなんともいえない居心地がよい空間に仕上げている。
僕は、ここにたどり着くまで、そうとうな距離を歩いていたので、くたくたに疲れていた、
普通、展覧会やミュージアムで作品を見るさとその作品のパワー負けして更に疲れてしまうのが、
ジョン ポーソンのこの会場では、疲れを癒してくれるパワーがあった。
そういうことなんです。
多分ポーソンの仕事は、写真上では、単なるミニマムで、デザインデティールだけ真似しようと
思えば、真似できるんだろうけど、素材、あかり、空間構成の活かし方は彼にしか出来ない。
だから、彼が造る住宅や空間は、人気が高いのだろうし、ポーソンは住居という空間に、
おいて何が大事なのかということを、悟っているんじゃないのかなと思った。
次回 機会があれば、ロンドン郊外のキューガーデンズという公園の中にポーソンがデザインした
橋を渡ってみたい。
d0054850_22212483.jpg
d0054850_2224455.jpgd0054850_22241976.jpg














































text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2011-02-27 22:28 | life
くもり空
angel周辺。ケン ローチ的なイギリスの風景
d0054850_035268.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2011-02-22 00:36 | life
個人的には、ナイツブリッジからサウスケンジントンの街並がしっくりきた。
どちらかというと、ハイソなエリアなんだろうけど、クオリティが高く、
確認したいくつかのお店やギャラリーがあったからかも知れない。
海外のshopは、ざっくりとした内装のお店でも、チープさを感じない。
eggだって、どちらかというとかなり、ざっくり。
でも、ディスプレイや商品のクオリティそしてスタッフの魅力と、
ロケーションすべてが、重なりあっているように思う。
ナイツブリッジにあるeggとハムステッドにあるリビング ストーンスタジオは、
ファブリックを中心に、20年以上ロンドンで営業している老舗。
ただ、そんなことはまったく感じさせないくらい新しいと思った。
どちらもオーナーの女性は凛々しく 厳しく やさしい。
少しお話させて頂く機会があったが、知りもしないのに、
ジョージア オキーフっぽいなーと思った次第。
というくらいかっこ良かった。

d0054850_0222085.jpg



























text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2011-02-22 00:24 | life
偶然
なんで旅にでるとあんなに歩くんだろう。
明らかに、地下鉄で移動した方が効率的なのに、
とにかく見た事が無い風景を探す為なのでしょうか。
いや いや 多分 めんどくさがりでせっかちな性のような気もします。
あとは、初めての街に慣れる為の土地勘アンテナの感度をよくするためでしょうか。
ギャラリーベッソンから出て、丁度ドーバーストリートマーケットを探していた所、
前方からなんだか、知っている顔 偶然 丁度case realを辞めたばかりの
下平さんと、ばったりロンドンで会う。
彼は、ロンドンを中心に、ベルリンやオランダなどをまわってたようで、
その土地土地の情報交換が楽しかった。
その後は、こちらの知人と会う用事があったので、ゆっくりは出来なかったが、
せっかくなんで、ローズベーカリーでお茶する事にして、ガゴシアンのダミアン ハースト展
まで伴にした。
福岡でも事務所以外で会う機会なんてなかっただけにこういう機会ってすごく嬉しいものです。
まーガゴシアンは結局は入れず外から鑑賞だったんですが。。。。

それにしても、ドーバーストリートの編集力は凄かった。
ギャルソンに興味が無くても、楽しめて、ギャルソンに興味がある人には、更に魅力的な場所。
お金をかけているからではなく、大事なものをきっちり、カテゴライズしながら、提案している。
sさんのおすすめで行って正解。ありがとう。
d0054850_23532112.jpg
d0054850_23544827.jpg
d0054850_23571628.jpg














































text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2011-02-21 23:59 | life
Tapped&packed
「最初のロンドンで時間がないのであれば、小回りが利くところが良いよ」と弟からのアドバイス。
トッテナム コート ロードのこのホテルなんて低プライスで
そこそこなんじゃないという言葉通り。僕はそのホテルに宿泊を決めた。
何故ならいくら探してもそこよりも良い条件のホテルを探す事が出来なかったから。
弟とはいえ、旅慣れしている人に聞くのが一番いいのだとあらためて思った次第だ。
さて、ロンドンの街へ繰り出して、すぐにファサードがいい感じのコーヒーショップを発見。
スクエアマイルのコーヒー豆も置いてあり、疲れたせいもあってか、
ここで飲むコーヒーは抜群においしかった。
サードウェーブコーヒーの最新版はロンドンで楽しむことが出来たのだ。
あと何がよかったかって定員さんのクールさとインテリアと音楽のセンスの良さ。
こんなコーヒーショップが近くにあったら、いつも通うのに!

http://www.tappedandpacked.co.uk/interiors.html

d0054850_1145298.jpg













text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2011-02-08 01:16 | life
ユーロスター
北駅からユーロスターで、ロンドンまで。
ユーロスターに乗り込む前に構内のPAULで朝食のバケットを購入。
朝日が差し込む社内は、ぎゅうぎゅう詰めだったんだけど妙にここち良かった。
それにしてもイギリスの入国審査って意外に厳しいんですね。
出発1時間半前に行ってよかった。
d0054850_0503385.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2011-02-08 00:51 | life
PATINA
しばらく前になりますが、妻が運営するPATINAがオープンしました。
そして、レセプションには100人強の友人/知人がかけつけてくれました。
大変遅くなりましたが、あらためて、この場を借りてお礼申しあげます。
妻1人で、まだまだ寂しそうなので、是非しゃべり相手にでもご来店くださいw

d0054850_0373956.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
by trouville | 2011-02-08 00:44 | life


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧