至極
とにかく身の毛がよだつとはこのことなんだろう。
僕の価値観をぶっ壊してくれた数少ないところ。
他に言葉はいらない。
これからの人生に置いてもどこかで繋がってくるような気がする。
d0054850_14205148.jpg
















text by tetsuo izumi
[PR]
# by trouville | 2010-10-13 14:21 | life
表現方法
ブルックリンで見たとあるショップのディスプレイ
靴の木型を真っ白に塗装し、新しい黒い靴をさりげなく配置するだけ。
予算がなくてもアイデア次第でチープにならず、
人が感動することができるんだと、その時思った。
クリエイティブとは限られた予算と抑制の中でいかに
発揮できることだと誰かが言ってた。
お金があれば誰でも出来るとは必ずしも思わないけど、
ないなりにどう工夫して、アウトプットし、人を動かせるかが
ポイントなんだろうと思う。
d0054850_14134825.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
# by trouville | 2010-10-13 14:14 | life
オープングレア
以前問い合わせだけしてd0054850_13545698.jpg諦めたNYのとあるショップのオリジナル。
こちらのタイプは真鍮もの。
意外にありそうでない 電球のグレアを堂々と見せるのは、
ライティングのセオリーを無視しているのかもしれない。
景気悪化の影響か 派手な照明が陰を潜め 裸電球のみディスプレイや
自宅使いが今のニーズ。
ただし、一般的に出回っている軽薄なものとは一線を画す
デザインされすぎず無骨さとオーセンティックさを合わせもつ。
次の改装時には取り入れたい。




text by tetsuo izumi
[PR]
# by trouville | 2010-10-13 13:55 | life
味穂
たまに無性に食べたくなる味穂の明石焼とどてやき
関西に転勤になる前から出張ある際、夜はここだった。
大阪に引っ越したその日の夜もここだった。
ということで僕にとって大阪のたこ焼きは明石焼の印象が強い。
成田さんに教えてもらった船場のタコやも最高なんだけど。
久しぶりに食べたい。
そういえば大阪 焼酎 福岡とは比べ物ならないくらい高いんだけど 笑
d0054850_22545989.jpg















tetsuo izumi
[PR]
# by trouville | 2010-09-29 22:56 | life
22
久しぶりに欲しいプロダクト 22
以前事務所でみせてもらったプロトタイプ 鈴懸本店のエキシビジョンで音を確認。
基本アナログ派の僕であるが、最近はもっぱらダウンロードと音のライフスタイルが変わってきた。音は楽しみたい マッキントュの真空管までは無理だけど
こんなプロダクトが欲しかった。
待ちにまったハイブリッド真空管アンプ 22 もうすぐ発売。

楽しみ!
d0054850_084384.jpg













tetsuo izumi
[PR]
# by trouville | 2010-09-25 00:10 | life
medical chart
日本ではまず自宅でディスプレイする人などいないだろうが、
医療ものは意外に高価で取り扱われている。
僕も自宅でもなかなか ですが、スタイリングのアクセントに使用したい

ただ古いものばかりでもしっくりこないし新しいプロダクトばかりふだと
息苦しい 

今ならディーツch04 houdiniチェアなんかを合わせたい。
d0054850_23391798.jpg






























tetsuo izumi
[PR]
# by trouville | 2010-09-24 23:45 | life
秋の空気
秋はこんな気分
d0054850_23201191.jpg




























tetsuo izumi
[PR]
# by trouville | 2010-09-24 23:22 | life
エグルストン
原美術館でのエグルストン展
60年代いちはやくニューカラーを取り入れた事で評価され
コンテンポラリーアートとしての写真における先駆者である。
彼の写真展をまさか見れるなんて 

少し前の話。
d0054850_2234873.jpg















tetsu izumi
[PR]
# by trouville | 2010-09-24 22:04 | photo
ビオワイン初心者として
久しぶりにはまりそうなものがある。

たばこを35歳でやめた 吸い始めて20年(もう事項なので)
風邪がきっかけでいつまで我慢できるのかなんて自分に言い聞かせ
意外に簡単に辞めれたのだ。といっても飲むとたまに1本頂戴なんていってるので
完全に辞めたとはいいきけれないのどだが。
たばこを辞めて1つ気がついたことがある。
たばこは辞めれてもお酒は辞められないし、お酒はやめるべきではない。
なぜならタバコはすごくパーソナルなもの お酒は一人で家のみする事も多いが
基本 人との潤滑油 お酒で失敗する人もいるかもしれないけど
少し距離がある人でもお酒の力を借りる事によって今まであった距離が急に
近くなる そして場が楽しくなる。
そんな僕も最初はまったく飲めなかった 他界したおやじなんてビール1杯で
もどしていたくらいだから本当はその血をひいていたのかと思う。

基本焼酎派の僕に最近 異変が起きている。

それは今まで苦手意識があった ワインに興味が出てきた事だ。
今までワインのイメージは翌日頭がいたくなるしよくわからないが正直なところ。
何がきっかけだろう。説明しだすと長くなるので割愛。
いわゆるビオワインというものに興味が出てきたのだ。
最初に飲んだのは1年以上前に築地くんに予約してもらって訪れて飲んだル キャバレなのか?
今となっては思い出せないのだが、少なからず自分的にはここ1年 少しずつ周りの友人の影響もあったかビオを飲む機会が増えてきた。
先月 杉さんあすかさんと一緒にいったアヒルストア どうしても行きたかったお店
福岡にはないスタイルだし、食事 人 雰囲気すべてにおいて○。
銘柄すら覚えていないのだが、何杯飲んだのだろう  陽気になると言われて飲んだ
あのビオの味も忘れられない 3人とも急に陽気になったような気がする(笑)
そしてピサンリでタケさん 岡本さん 河崎さん ともちゃん のみしゃんの食事
オーナーである中島くんの作る料理やもてなしの空気感はすごく好きだし、
岡本さんチョイスのあの白の微発砲もおいしかった。
その夜の楽しい食事の最中、僕はワインの味が覚えられないという話をした。
そこで、岡本さんからワインの味の覚え方を伝授してもらった。
ワインはレコードと同じ どのスタジオで誰がプロデュースして誰のアルバム的な話が
そのままワインの作り手や産地などと同じだよ だからどの地方の品種だったらこうこうで
などなどの話が個人的にすごくしっくりした。
こうなるとやばい
築地くんの新しいお店ドワネルでも最小単位のプロダクトを扱うというコンセプトで
ワインの取り扱いもはじめた。
好きがこうじてということもあるが、すごく彼らしい発想だと思う。

きわめつけはYODELがきっかけとなって知り合った轟木さんだ。
福岡で轟木酒店と言えば酒好きな間では有名だ。1つ上の轟木さんは
音楽とベスパが好きという事で僕の周辺でも綱がっていた。
聞くところによるとビオも10年前から好きで取り扱い毎年1度はフランスの生産者のところへ
出向くというただし全く認知されていなかったビオはここ2年ほどでなんとか浸透し一般化
されているようである。
一時は在庫の山で押しつぶされるかと思いましたよなんて 
何知らぬ顔で言う彼の言葉には説得力がある。
便利な場所とは決していえない轟木酒店へ所用がありはじめて訪れた。
日本酒 焼酎にかけてもこれだけ珍しいお酒を扱っているお店はそうそうお目にかかれない。
6帖ほどあるワインセラー?はすべてビオという インディの7インチ的なラベルが
多く決めかねる 個人的に初めて購入するビオワインは何にしよう。
そして1本のワインを選んだ。アリス・エ・オリヴィ 
ブルゴーニュの白の生産者の中でも轟木さんが一番好きな造り手らしい。
昨今工業化が進むシャブリ地区で極めて珍しい手造りを続けているという。

アリス・エ・オリヴィエ   ア・レガリテ2008 
アリスとオリヴィエの2人が造るワインは年をおうごとにより自然なスタイルへと
完成度を高めてきて純粋な水のような優しいタッチのアリゴテだという。
(フランス ブルゴーニュ)アリゴテ100%

まだ開けてはいない 次の休みの楽しみにとっている。
けっして高すぎないけどリーズナブルでもない
ただあっさりしてがぶ飲みで飲めるビオにははまりそうな予感。
まずはこの1本が個人的に初買い 
これから産地や作り手を少しずつ覚えて自分なりの好みリストを作って行こう。

今の密かな楽しみである。

d0054850_2365146.jpg
















tetsuo izumi
[PR]
# by trouville | 2010-08-05 22:58 | life
紺屋2023
WOOD/WATER MUSICの高倉くん 石井くんにお誘い頂き今週末は
大名の紺屋2023の屋上でイベント参加です。
彼らの音楽に対する真摯な姿勢は頭がさがります。
スタイルは違いますが、フリーペーパーを作ったりよくイベントしていた20代の
頃とかぶってみえます。
そんな彼らからお誘い頂くことはすごく嬉しいことです。
今週の土曜の夕方からビルの屋上でバンドやアナログの音がどう拡散していくのか楽しみです。
お時間ある方は是非!

WOOD/WATER MUSIC at.konya sky
百景 mini album「とおくをつなぐもの」Release Tour 福岡公演

LIVE_ 百景 (tokyo) / Autumnleaf / little phrase (yamaguchi) / awamok
DJ_ 坂本裕紀(tristessa) / 田中五郎 (lem) / 泉哲雄(trouville) / 稲益 修(trouville)
FOOD_ cafe sones

日時:2010年6月5日(土曜日)
場所 : konya sky (紺屋2023屋上 福岡市中央区大名1-14-28 第一松村ビル)
※雨天時は紺屋2023内ギャラリーにて行います。
開場 : 16:00 開演 : 16:30
前売2000円 当日2500円 (共に1ドリンク&1フード付)
チケット予約・お問い合わせ  wood/water records : woodwaterrecords@hotmail.co.jp
(ご予約の際は氏名・公演名・枚数ご連絡先を明記の上、上記アドレスまでご送信下さい)

d0054850_949239.jpg















text by tetsuo izumi
[PR]
# by trouville | 2010-06-01 10:03 | life


trouville blog
by trouville
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
life
photo
radio on air list
music
event
play list
news / info
column
shop
profile
link
以前の記事
2012年 07月
2012年 06月
2011年 09月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧